《地上の兎 因幡てゐ》

効果モンスター
星3/地属性/獣戦士族/攻 700/守 1600
このカードの反転召喚に成功した時、相手フィールド上のカード1枚を選択し持ち主の手札に戻す事が出来る。
このカードは相手フィールドにモンスターが存在していても相手プレイヤーに直接攻撃が出来る。
その時、与えるダメージはこのカードの元々の攻撃力となる。


 咲夜オリカ第二期に登場した「兎」の名を持つ下級モンスター
反転召喚時に相手フィールド上のカードをバウンスする誘発効果と相手プレイヤーへ直接攻撃が出来る誘発効果を持つ。

全体的に《ペンギン・ナイトメア》のバウンス能力と《因幡之白兎》の直接攻撃能力を複合したモンスターと言える。
 相違点としては《ペンギン・ナイトメア》と異なり、効果がリバース効果ではないため発動機会が限られてくる。
 もう一つの効果は《因幡之白兎》とは違い、直接攻撃以外も選択できるという利点とどんなに攻撃力をあげようと相手モンスターが居る場合での直接攻撃では元々の攻撃力に戻ってしまうということが挙げられる。元々の攻撃力を変化させるカードを使えば上げることができるが、現状では元々の攻撃力を変化させるカードは《サラマンダーシールド》くらいしかないため、自分のターンが終れば攻撃力が下がってしまうためあまり実用的ではない。ピンチの時の逆転のもととなるかもしれない。
 OCGには《進化する人類》という元々の攻撃力を変化させるカードがあるため、てゐに愛を注いでいるかたはこのカードの実装を待ちたいところ。



  • 攻撃力が《因幡之白兎》と同じである、当たり前か。

反転召喚時メッセージ「てゐに騙され手札に戻った!」

  • 原作・アニメにおいて―~
東方永夜抄 〜 Imperishable Night.にて5面中ボスとして登場。
後、東方花映塚 〜 Phantasmagoria of Flower View.にて登場し、自機として操作できるようになる。
本人がもつ能力は「人を幸せにする程度の能力」のはずだがここでは本人の性格の方が反映されてしまったらしい。


  • 神話・伝承において―~
《因幡之白兎》本人である可能性が高いと言われている。
詳しくは遊戯王カードWikiの《因幡之白兎》項を参照。


関連カード