《始祖鳥アーキオーニス》

効果モンスター
星3/風属性/鳥獣族/攻 300/守 1300
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
恐竜族モンスターをアドバンス召喚する場合、このカードは2体分のリリースとする事ができる。 

風属性・鳥獣族の下級モンスター。
直接攻撃できる能力を持つが攻撃力が貧弱であるため活用できるとは言い難い。

同じダイレクトアタッカーでも《湿地草原》や《機械複製術》といったサポートに対応した《貫ガエル》や《人造人間7号》
攻撃力を上げる効果を持つ《グラッジ》に《逆巻く炎の精霊》
自発的に守備表示となる《サブマリンロイド》や《ゴブリン暗殺部隊》などのモンスターが居るため、この効果目的で採用されることは少ないだろう。

ver3.59-2において上方修正がなされ、恐竜族モンスター2体分のリリースとして扱える効果を得た。
これにより【恐竜族】で活躍の場が与えられた事になる。このカードを使用する場合、《超進化薬・改》も併用する事でこのカードの種族をより活かせるだろう。


  • 原作において―
剣山のデュエル中に幾度となく登場。
召喚後は《超進化薬・改》の生け贄にされることが多い。