《テーブルターニング》

速攻魔法
「絶対氷壁」または「コールドディヴィニティー」がフィールド上に存在している場合にのみ発動できる。
2つのうち、存在していない方のカードをデッキから選択し発動させる。
その後、デッキからカードを1枚ドローする。

《絶対氷壁》《コールドディヴィニティー》を入れ替える速攻魔法。使用後、カードをドローするのでディスアドバンテージにはならない。

発動条件としてどちらかが場に出ている必要があるので《テラ・フォーミング》と比べて事故につながる。
そもそもバトルフェイズ中に発動する利点もあまり無く、《妖怪 雪女》で攻撃後、追撃を加速させるために《コールドディヴィニティー》に入れ替える程度か。
その上ヴェノムと違い、《絶対氷壁》で破壊されない効果を持つモンスター郡は特になく、せいぜい攻撃力0のモンスター達でありアイスカウンターの量もたいしたことはないので大きな効果は期待できるものではない。

なお、結果的に2枚の魔法カードを発動させるが魔法カードの発動による魔力カウンターの増加は1個のみである。

  • 神話・伝承において―~
「テーブルターニング」とは「こっくりさん」と同じような交霊術のことである。

  • 原作・アニメにおいて―~

東方妖々夢の1面ボスがLunaticで使用してくるスペルカード。1面でありながら画面を多い尽くすほどの弾幕で圧倒する。
CGIでの効果とはまったく関係がないだろう。

関連カード