《ネオスペーシア・ロード》

通常罠 
自分フィールドの「ネオス」と名のついたモンスターが戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
そのターンのバトルフェイズを終了させ、自分のデッキからカードを1枚ドローする。  

自分フィールド上の「ネオス」と名の付くモンスターが戦闘破壊されたときに発動できる通常罠。
バトルフェイズを終了させ、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

対象となるのは《E・HERO ネオス》《E・HERO アナザー・ネオス》とネオスを素材とする融合モンスター。
細かい所を突き詰めると《ネオスペース・コンダクター》もその対象となる。
どちらかと言えば《収縮》や《和睦の使者》など発動タイミングを選ばず、戦闘破壊を避けることのできるカードが優先されるだろう。

  • 原作・アニメにおいて――
「十代VSヨハン(ユベル憑依)」戦にて十代が使用。
《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》の攻撃による《E・HERO ネオス》の戦闘破壊に対して発動し、後続の攻撃を防いだ。