《橋姫 水橋パルスィ》

効果モンスター
星4/闇属性/水族/攻1200 /守1000 
相手の手札枚数が自分の手札枚数よりも多い場合、自分のターンの間のみ、
このカードの攻撃力は「相手の手札枚数ー自分の手札枚数」×300ポイントアップする。
自分のスタンバイフェイズに、相手のライフポイントが自分より4000ポイント以上多い場合、
自分のライフポイントは1000ポイント回復する。 


オリジナルカード第三期で登場した効果モンスター。闇属性水族というやや珍しい種別。
相手プレイヤーの状況に依存する二つの効果を持つ。

一つ目の効果は、相手の手札と自分の手札の差の分だけ攻撃力を上昇させる永続効果。
手札3枚の差で《サイバー・ドラゴン》、6枚の差で《青眼の白龍》と同じだけの攻撃力を得る事が出来る。
しかし通常のデュエルにおいてそこまでの手札差がつく事は稀なので、このカードを活かすにはある程度考えたデッキ構築が必要だろう。
普通のデッキでも、序盤に残りの手札を全伏せするなどして「奇襲」する事は出来るが返しのターンで《大嵐》される危険がある。

《グリード》《便乗》など、相手の手札を増やす事を利用したカードとともにこのカードを投入するとアタッカーとしての活躍が期待できる。
自分のターンには攻撃力を上げたこのカードで戦い、相手のターンになったら、増えた相手の手札を《大暴落》などしてやるとスマートか。
このカード自身が原作で使うカード《緑色の目をした見えない怪物》との相性もよい。
また、モンスター効果を手札0で発動するモンスターを使用する【インフェルニティ】とも相性がいい。

二つ目の効果は、相手のライフと自分のライフが離れている場合にスタンバイフェイズに回復できる誘発効果。
回復量こそ高いものの、何の策もなくこのカードを自分スタンバイフェイズまで生き残らせるのは難しい。
またトリガーが存在するため、生き残っても永続的にライフ回復を続けるというわけにはいかない。
回復効果とはいえ【キュアバーン】に組み込むことは難しいだろう。

自分の先攻時、このカードを召喚し《神の宣告》を伏せておくと相手ターンのモンスター召喚を無効にしつつ次の自分ターンでライフ損失を補える。



  • 闇属性であり攻撃力を変動させる永続効果を持つため、少し手札を調節する事で魔・闇ウイルスの媒体にする事が可能。
 ただ、上昇効果は自分ターン限定であるため相手ターンの除去等にチェーンして発動は不可能なので注意しよう。


攻撃名は 「恨符「丑の刻参り」!」
ライフ回復効果発動時メッセージ「 花咲爺「華やかなる仁者への嫉妬」!


  • 原作・アニメにおいて―~
東方地霊殿2面ボスキャラクター。
2面ボスながらかなりトリッキーな弾幕を展開し、初心者から中級者まで多くのプレイヤーを苦しめてくれる。
「嫉妬」をキーワードとする妖怪であり、それはカード効果にも反映されているようだ。
CGIでの攻撃名は自身のスペルカードで 妬符「丑の刻参り」。


  • 神話・伝承において―~
橋姫とは、夫に裏切られて憎悪と殺意に駆られるあまり宇治川に身を浸し、生きながらにして鬼と化して願いを成就させたと伝えられる女性。
橋に憑き、通りかかったリア充カップルをねたんでとり殺すとも言われる。


関連カード