《巨大戦艦 アサルト・コア》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1300/守2000
相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在していない場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。

光属性・機械族の下級モンスター。
【巨大戦艦】の名を持つカードの一枚であり、自身を手札から特殊召喚できる《サイバー・ドラゴン》を髣髴とさせる効果を持つ。
《サイバー・ドラゴン》が制限カードである今の環境では、巨大戦艦デッキに組み込む《サイバー・ドラゴン》の代わりに使うことができる。
《サイバー・ドラゴン》には高い攻撃力、更に自身を手札から特殊召喚すると言う大きな効果があるが、代わりに《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》に喰われ易くなると言うリスクも持つ。
このカードならば、相手が《サイバー・ドラゴン》を使って来ない限りは、安全に「巨大戦艦」を運用することができる。
特に《ボスラッシュ》発動時では通常召喚を行うことができないが、このカードならば特殊召喚でき、バウンスや除外で空いたフィールドをカバーしつつ、《ボスラッシュ》の効果を使うことができる。
自壊効果もないので、高い守備力を活かして、《ボスラッシュ》が来るまでの壁とすることもできる。
まさに《ボスラッシュ》を主体とする巨大戦艦デッキでは、必須カードと言えるだろう。

《死皇帝の陵墓》を主体とする巨大戦艦デッキでも使えないわけではない。
ただ基本的に《死皇帝の陵墓》で通常召喚した巨大戦艦で殴っていくデッキなので、《ボスラッシュ》主体の巨大戦艦と比べると必須とまではいかないかもしれない。


  • 原作・アニメにおいて―
十代VS銀流星戦にて流星が使用。
原作では「巨大戦艦」として扱う下級モンスターであり、特殊召喚効果はTFが出典となっている。
《ボスラッシュ》の発動条件を満たし、デッキから《巨大戦艦 テトラン》を特殊召喚した。