※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《サイバー・エンジェル-荼吉尼-》

儀式モンスター
星8/光属性/天使族/攻2700/守2300
「機械天使の儀式」により降臨。
フィールドか手札から、レベルの合計が8になるようカードを生け贄に捧げなければならない。
このカードは墓地から特殊召喚できない。
このカードが特殊召喚された時、フィールド上のモンスター1体を破壊する。
守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が越えていれば、その数値だけ相手に戦闘ダメージを与える。 

光属性・天使族の儀式モンスター。
サイバー・エンジェルの一体であり、墓地から特殊召喚できずフィールド上のモンスターを破壊する誘発効果と貫通能力を持つ。

墓地から特殊召喚できないため《契約の履行》や《死者蘇生》による特殊召喚はできない。
おそらく《アテナ》とのシナジーが強烈過ぎるための配慮と思われる。
特殊召喚するなら《神聖なる魂》などで除外し《奇跡の光臨》や《D.D.R》で帰還させるといいだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
「明日香VS吹雪」戦にて明日香が使用。
原作では破壊するモンスターは相手フィールド上限定で相手プレイヤーが破壊するモンスターを選択する効果だった。
効果により《迷える仔羊》の仔羊トークンを破壊し《漆黒の豹戦士パンサーウォリアー》を撃破した。
その後、《褐色のウォリアー》の効果で攻撃力が上昇した吹雪の《不屈闘士レイレイ》と相打ちになり戦闘破壊される。
「明日香VSソムリエ・パーカー」戦でも使用され、
ソムリエの《ビッグ・ヴィンテージ マグナムートン》を破壊し、このカードで直接攻撃を決めて勝利を収めた。

  • 神話・伝承において―
荼枳尼天(だきにてん)という性愛を司る仏教の神。
日本で信仰された際に狐に乗るダキニ天の像が生み出されており、この事から狐信仰に関わりがあるとされている。

関連カード