※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ゴッドオーガス》

効果モンスター
星7/闇属性/戦士族/攻 2500/守 2400
1ターンに1度だけ自分のスタンバイフェイズ時に発動する事ができる。
自分のデッキまたは墓地に存在する「リバースダイス」1枚を手札に加える。

昨夜オリジナルカード三期で登場した闇属性・戦士族の最上級モンスター。
《リバースダイス》を手札に加える起動効果を持つ。

《リバースダイス》自体は使い勝手が悪いので、単純に「手札コストに使用可能なカードを1枚増やす」効果であると考えると良いだろう。
しかし、そうなると同系列の《E・HERO フォレストマン》にやや見劣りしてしまうのが難点。
《ゴッドオーガス》にあり《E・HERO フォレストマン》に無い利点と言える物がステータスの高さぐらいのものであるのに対し、
《E・HERO フォレストマン》には以下のような利点が存在する。

  • 《増援》《E・HERO エアーマン》《E-エマージェンシーコール》《ヒーロー・シグナル》《召喚僧サモンプリースト》等によるサーチ。
  • 《融合》が魔法カードである事による《召喚僧サモンプリースト》とのシナジー。
  • いざと言うときに即座に《E・HERO ジ・アース》を融合召喚できる点。

等である。
ただし《E・HERO フォレストマン》は一度セットしてから使用するのが常なので、召喚したあとに即座に効果を発動することができるこちらの方に軍配が上がるかもしれない。


  • 原作・アニメにおいて――
御伽 龍児が別ゲーム「D・D・D」(ドラゴン・ダイス・ダンジョン、アニメ及び一般発売されている商品では「D・D・M」)で使用。
漫画版では特殊能力の「金剛剣(ダイヤモンドブレード)」を使用して攻撃力をそのゲーム中では類を見ない程にまで上げ、武藤 遊戯を危機に追い込んだ。
アニメ版では商品版に応じて展開及びゲームの名前自体が変化していたが、アテムのライフ・スターを1にまで減らす大健闘を見せた。

デュエルモンスターズのカードとしては「本田&静香&御伽VSBIG4」で御伽が使用。
BIGファイブが海馬コーポレーションから読み取ったデータの中に「D・D・M」のデータも混在しており、それを逆手に取って御伽がフィールド魔法《ダイス・ダンジョン》と共に使用した。
(つまり、このカードは本来あちらの世界でもカード化はされていなかった。)
フィールド魔法《ダイス・ダンジョン》とのコンボによって《機械仕掛けの夜 -クロックタワー・ナイツ-》とのコンボによって攻撃力を上げた《機械王》を破壊する活躍を見せた。
最終的には《機械軍曹》と《機械王》が《屑鉄再生工場》の効果によって融合した《パーフェクト機械王》によって倒されている。