※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《奇門遁甲》

永続魔法
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、手札から攻撃力2000以下の「式神」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。このカードがフィールドに存在する限り、
自分フィールド上の「式神」と名のついたモンスターの守備力は500ポイントアップする。  


オリジナルカード三期で登場した永続魔法。
1ターンに1度、式神モンスターを特殊召喚出来る起動効果と式神の守備力を強化する永続効果を持つ。
特殊召喚効果は《神の居城-ヴァルハラ》や《ミイラの呼び声》とほぼ同じだが、こちらでは対象が攻撃力2000以下に限定されているため
このカードからすぐに大型モンスターを呼びだし場を制圧するという使い方は出来ない。よって、このカードの使い方は以下の二つが主となるだろう。

  • 攻撃力は低いが守備力の高い式神を呼び出し守りを固める
現在最も適しているのは《魔鏡の式神-阿僧祗》あたりか。守備力を強化する永続効果と合わせて、かなりの堅さを持つ事が出来る。
下級モンスターの《式神・後鬼》クラスでも、《サイバー・ドラゴン》にも当たり負けないくらいの守備力ならば得られる。

  • 通常召喚権を使用しない事を利用しモンスターを揃える
式神には特殊召喚効果を持つモンスターが多く、召喚権を使用せず手札・デッキからモンスターを速攻召喚する能力に長けている。
さらにこのカード効果を利用する事で、一気に場にモンスターを揃え、ラッシュをかけたり最上級モンスターのリリースを揃える事が出来るのだ。
《式神・橙》をこの効果で特殊召喚し、《神獣王バルバロス》を通常召喚し《式神・橙》の効果を即座に使用したり出来る。

効果発動時メッセージ「式神を操る陣が描かれる!!」

  • 補足

  • 原作・アニメにおいて―~
東方妖々夢においての使用するスペルカード。Lunaticで使用。
Easyは仙符「屍解永遠 -Easy-」。 Normalは仙符「屍解永遠」。 Hardは鬼符「鬼門金神」。

奇門遁甲(きもんとんこう)は中国の占い術。
五術六大課と呼ばれる術数のなかでも、太乙神数、六壬神課と並んで三式と称され、非常に成立年代の古い術数である。