※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《精密射撃》

通常罠
自分フィールドに「銃士」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合にのみ、
自分のモンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。フィールド上の魔法・罠ゾーンに存在するカード1枚を破壊し、
相手に600ポイントのダメージを与える。 

自分フィールド上の銃士が表側表示で存在し、自分のモンスターが攻撃宣言したときに発動できる魔法・罠カードを破壊するカード。
ダメージを与える性質上《スタンピング・クラッシュ》に近いカードでもある。

攻撃宣言時のみ発動できるカードなので《光の護封剣》《平和の使者》《レベル制限B地区》など攻撃自体が封じられている状態では発動できない。
そのためロックパーツを破壊するような使い方は難しいだろう。
また伏せカードが《聖なるバリア-ミラーフォース-》や《炸裂装甲》といった攻撃宣言罠だった場合はこちらが損をすることになる。

《砂塵の大竜巻》など確実に1・1交換ができるカードと比較すると安定性に欠ける。
とはいえダメージを与えながら魔法・罠を破壊できるカードなのでビートバーン型の構築になりやすい【銃士】では投入する余地はあるだろう。

発動時「銃士が相手フィールドの魔法・罠カードを撃ち抜いた!」