※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《忍法 転所自在の術》

通常罠
自分フィールドに表側表示で存在する「忍者」と名のついたモンスターが攻撃対象になった時発動できる。
デッキからフィールド魔法を1枚選択して発動する。 

 咲夜さんCGIオリジナルカード第三期で登場した通常罠。
 忍者専用の《ラスト・リゾート》のような効果を持つ。

 忍者は戦士族によって構成されるので、サーチするのは《草原》……と言いたいところだが、
 同時期に出現した《忍法 絶対零度》とのシナジーが期待できる《絶対氷壁》をサーチするのが主な使い方となるだろう。

 やや扱いづらい類似カードの《ラスト・リゾート》と違い、戦闘に直接影響するフィールド魔法をサーチ出来る。
 コンバットトリックを仕掛けつつフィールド魔法をサーチすることになり、フィールド魔法は勿論そのまま場に残るので、
 むしろ《鎖付きブーメラン》などと性質が似る。
 そのため、発動タイミングが限定される欠点はあるものの、《テラ・フォーミング》や《妖怪 雪女》に一方的に劣るものではない。
 これらとの兼ね合いはデッキタイプとの相談になる。

  • 原作・アニメにおいて―
「キン肉マン」シリーズに登場する超人、ザ・ニンジャが使用する忍法の一つ。
忍者服をキャンバス上に広げることにより、着物に描かれた絵の世界へリング上を変化させる技。

関連カード


関連リンク