《鎧竜》

ユニオンモンスター
星4/炎属性/ドラゴン族/攻 1900/守 1400
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できない。
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして自分フィールドの
ドラゴン族に装備、または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
装備モンスターの攻撃力・守備力は500ポイントアップする。
(1体のモンスターが装備できるユニオンは1体まで。装備モンスターが
戦闘によって破壊される場合は、代わりにこのカードを破壊する。)

炎属性・ドラゴン族の下級モンスター。
装備魔法になる起動効果と、装備を解除する起動効果(と同じ扱いの魔法効果)を持つ。
また、装備モンスターの攻撃力・守備力を上昇し、身代わりになる永続効果(と同じ扱いの魔法効果)も持つ。

アタッカークラスの攻撃力を持ち下級同士の殴りあいなら負ける事はそう無い。
また、装備カード化もでき、攻撃、守備力アップや戦闘破壊態勢が有効に働くドラゴン族は多い。
しかし直接攻撃ができないデメリットも持ち、このカードだけではライフアドバンテージを得ることはできない。

1900の攻撃力をモンスターなのだが、直接攻撃ができないことが評価を下げていると言える。
一応、他のドラゴン族にユニオンすることで間接的に攻撃に貢献することができる。
こまめなユニオン、ユニオン解除が要求されるだろう。

  • 《鎧竜》なのに攻撃力の方が高い。
  • 原作・アニメにおいて―
漫画GXで、万丈目が使用。
《竜の騎士》を召喚するために魔法カード《ドラゴン・ユニットの儀式》によって《竜の戦士》と共に生け贄にささげられた。
特に効果は無かったようだが、実装の際合体の効果が与えられた。
合体というよりかは鎧を装備するようなもので、このモンスターの中に入れるようになっている。
なので《竜の騎士》と《鎧竜》の見た目は似ている。

関連項目