《アンダーセンスブレイク》

通常罠 
フィールドに表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターの攻撃力はエンドフェイズまで、 フィールドに表側表示で存在するチューナーモンスターの数×800ポイントアップする。 

オリジナルカード四期で登場した通常罠。
フィールド上のチューナーの数だけ、モンスター1体を強化する効果を持つ。

その上昇幅はなかなかに大きく、2体以上が存在する状態で効果を発動できれば大概の戦闘では殴り勝てるようになる。
自分のチューナーの戦闘時に使えば、最悪の場合でも《突進》以上の効果は得られる。
相手の場のチューナーも数えるため、こちらの場にチューナーが存在せずとも1,2体分の効果を得るチャンスは少なくないだろう。

しかしフリーチェーン戦闘補助カードには《収縮》をはじめ、競合カードが多い。目下ライバルは《イージーチューニング》あたりだろうか。
こちらは速攻魔法であり、墓地のチューナーを除外するコストさえ除けば場を調整する事なく1000~1500程度の攻撃力上昇効果を永続的に得られる。
対してチューナーを除外したくない、蘇生戦術などで下級モンスターを並べるのに長けるデッキの場合このカードの方を無理なく採用出来る。


このカードをより有効に活用していく場合、チューナーを多く揃える事で一気に高攻撃力を得る戦術を狙ってみたい。
理論上は最大で8000ポイントまで攻撃力を上昇させられる。
その場合、同じ鈴仙のカードである《風狂の夢(ドリームワールド)》との相性は抜群。

発動時メッセージ「チューナーから発せられる波長を集めて力に変える!《モンスター》の攻撃力《上昇値》ポイントアップ!」

  • 原作・アニメにおいて―
「東方緋想天」において鈴仙が使用する特殊必殺技。