※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《サイバー・エンジェル-韋駄天-》

儀式モンスター
星6/光属性/天使族/攻 1600/守 1800
「機械天使の儀式」により降臨。フィールドか手札から、レベルの合計が6になるようカードを生け贄に捧げなければならない。
このカードは墓地から特殊召喚できない。このカードが特殊召喚された時、自分の墓地から魔法カードを一枚選択し手札に加える事が出来る。

光属性・天使族の儀式モンスター。
サイバー・エンジェルの一体であり、墓地から特殊召喚できず墓地から魔法カードを回収する誘発効果を持つ。

魔法カードの回収効果は、現在禁止カードである《混沌の黒魔術師》と同じもの。
墓地からの蘇生が不可能なのは、《アテナ》とのコンボで魔法カードの再利用が簡単になるからだろう。
除外ゾーンからの帰還は可能なので、帰還ギミックを仕込んでみるのも面白いかもしれない。

下級モンスター並みのステータスで効果も特殊召喚時の誘発効果しか持っていないため、フィールド上に残す利点はあんまりない。
他の機械天使や上級モンスターの生け贄に使うか、どうしても残したいなら《リチュアル・ウェポン》を使おう。

  • 原作・アニメにおいて―
アニメGXにおいて、天上院明日香が使用したモンスター。原作では墓地からの蘇生が可能だった。
「明日香VS吹雪」戦では、手札の《サイバー・プリマ》を生け贄に召喚し、《リチュアル・ウェポン》を回収して装備。
攻撃を行い、次のターンで《サイバー・エンジェル-荼吉尼-》の儀式召喚の生け贄となった。
その後《契約の履行》で蘇生され《祝福の教会-リチューアル・チャーチ》を回収、今度は《サイバー・エンジェル-弁天-》の生け贄となった。
「明日香VSソムリエ・パーカー」戦では手札から《サイバー・エンジェル-弁天-》の儀式召喚の生け贄に、
その後《契約の履行》で蘇生され《強欲な壷》を回収、再び《サイバー・エンジェル-荼吉尼-》の儀式召喚の生け贄となった。
(ただし蘇生制限を無視しているため、後者のケースは実際のOCGでは《契約の履行》による蘇生は不可能である)


  • 神話・伝承において―
韋駄天とは、仏教の仏の神である。

関連カード