《黒魔法少女 霧雨魔理沙》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻 1700/守 500
自分か相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1個乗せる(最大5個まで)。
このカードに乗っている魔力カウンター一つにつき、このカードの攻撃力は200ポイントアップする。
このカードに乗っている魔力カウンター4つを取り除く事で、相手フィールド上の表側表示モンスターを全て破壊する。

オリジナルカード第一期で登場した、闇属性・魔法使い族の下級モンスター。
初期には召喚時にも魔力カウンターが乗る仕様であり、そのままでも実質攻撃力1900のモンスターとして扱う事が出来た。

その後エラッタが行われ、召喚時には魔力カウンターは乗らなくなくってしまっている。
それでも攻撃力1700はアタッカーとしては十分な性能なのでまだまだ強力なカードと言える。
魔力カウンターが乗る効果は永続効果なので相手の攻撃にフリーチェーンの速攻魔法をチェーンして迎撃するのもいいかもしれない。
《収縮》や《突進》、《エネミーコントローラー》などとは高相性。
攻撃力1700のアタッカーは【魔法使い族】には貴重な存在なので、これからも十分その魔力を役立ててくれることであろう。


攻撃名は 「魔符「スターダストレヴァリエ」!」
破壊効果は「 恋符「マスタースパーク」!!

  • 原作及び二次創作での扱い―
『東方封魔録 〜 the Story of Eastern Wonderland.』にて初登場し、
以降は『東方文花帖 〜 Shoot the Bullet.』以外のすべての作品に自機キャラクターとして出演している。
かなりのひねくれ者、実は実直だということをひねくれ者のように見せかけているくらいひねくれ者、かつ負けず嫌い。負けず嫌いなことを知られるのも嫌い、負けるのも嫌いなので逆に人一倍の努力家。
マジックアイテムの蒐集家で《人形遣い アリス・マーガトロイド》《図書館の魔女 パチュリー・ノーレッジ》の所持品を堂々と盗むこともしばしば。

ボスキャラクターとしては『封魔録』にて4面ボスとして登場し、『幻想郷』では靈夢を自機として選択すると4面ボスとして登場する。
『永夜抄』では「幻想の結界チーム」か「幽冥の住人チーム」を選択すると分岐する "Stage4 powerful" のボスとして登場する。

サブショットはミサイルやレーザーなどが主なものとなっている。
スペルカードとしては「魔符」の場合は「スターダストレヴァリエ」、「恋符」の場合は「マスタースパーク」
エンドカードは「ファイナルスパーク」など。
他人のスペルカードをアレンジして勝手に自分のスペルカードにすることも少なくない。

ミサイルはボス戦ではそれなりに有効だが道中はやや範囲不足、
レーザーは道中で一度に複数の敵を殲滅できる場合もあるが定期的に消滅するので扱いにくい、など、
所謂「上級者向けキキャラ」というキャラに定着している。
しかし、前述の「マスタースパーク」が異様に強力なため、苦手弾幕をボムを用いて回避する人は初心者でも「恋符」魔理沙を選ぶ場合も少なくない。

  • 原作・アニメにおいて―~
出典等



関連カード