《ヘイル・サイバー》

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1300/守1500
フィールドに表側表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された時、攻撃モンスターにアイスカウンターを1つ乗せる。 

水属性・魔法使い族の下級モンスター。
攻撃された時、攻撃してきたモンスターにアイスカウンターを1つ乗せる誘発効果を持つ。

シンプルな効果ながら、《絶対氷壁》下ではその抑止力はかなり高い。
2000未満の攻撃力のモンスターならば一方的に返り討ちにすることが出来るし、それ以上のモンスターに例え破壊されるとしても
アイスカウンターは残るため、その上級アタッカークラスの戦力をその後もダウンさせ、戦闘ダメージも少なく抑えられる。
攻撃された時点で効果は発動しこのカードが破壊される必要はないため、攻撃宣言にチェーンして《和睦の使者》などでこのカードを守ってやれば
効果を発動しつつ生き残れる。
リクルーターや《サルベージ》に対応する低攻撃力というのもポイントが高い。

しかし、あくまで効果は攻撃力ダウンでなくアイスカウンターを乗せるものであるため、あらかじめ《絶対氷壁》を除去されてしまうと、
このカードはリクルータクラスに殴り倒されるだけの貧弱モンスターと化してしまう点には注意。
また必然的にアイスカウンターが乗るのは相手ターンとなるため、メインフェイズ2にそのモンスターをリリースなどで処理される恐れもある。

このカード自身は低ステータスモンスターという事もあり、守りに長けるが攻めには使いにくいモンスターと言える。
絶対氷壁軸【アイスカウンター】で矢面に立ち、相手を消耗させるのが主な役目となるだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画版遊戯王GXにおいて天上院明日香が使用。
漫画での効果は「このカードを攻撃したモンスターは攻撃力が300ダウンする」というものだった。
カード化にあたっては、アイスカウンター関連カードと効果が噛み合うよう調整された。
漫画版の効果のままでは1600以上に攻撃されるだけで破壊されてしまうため、《絶対氷壁》が必要とはいえ強力になったと言えるだろう。