《幻想春花》

フィールド魔法
全てのレベル2以下・植物族モンスターの攻撃力は1200ポイントアップする。 


咲夜さんオリジナルカード第一期に登場したフィールド魔法。
全ての『レベル2以下』・『植物族』モンスターの攻撃力を1200ポイントアップさせる。

攻撃力上昇の恩恵に預かれるモンスターの数が少ないのが難点ではあるが、その効果は絶大である。
《笑う花》が《サイバー・ドラゴン》に、《ウィード》が各種帝に相打てるようになる、と言えば理解していただけるだろうか。
単純に攻撃力のみならず、直接攻撃能力を持つ《レインボー・フラワー》や特殊召喚効果を持つ《ナチュル・コスモスビート》等も存在。
それでも気になる層の薄さは、前途のチューナー達を用いたシンクロ召喚でカバーできるだろう。

OCGに存在する《湿地草原》と一見効果が類似しているように見えるが、このカードには種族の制限こそあれ属性の制限は存在しない。
つまり、《DNA改造手術》とコンボする事であらゆるレベル2モンスターの攻撃力を爆発的に上昇させる事が出来るのだ。
現在、レベル2以下のモンスターで最も攻撃力が高いのは《海皇の長槍兵》及び《炎龍》の1400。
コンボ前提とはいえ、手札からいきなり攻撃力2600のモンスターが飛び出してくるのは相手にとってたまったものではないだろう。

注意すべきはこのカードがフィールド魔法であり、相手のモンスターにも影響を及ぼすという事か。
特に上記のコンボを利用する際は《ジャンク・シンクロン》および《ジャンク・ウォリアー》には注意したい。
逆に自分がこれらのカードを用いる事で【湿地ジャンク】顔負けの爆発力を持つ【春花ジャンク】を構築する事も出来る。

また、このカードの影響を受ける通常モンスターには《きのこマン》《ヤシの木》《人食い植物》《マンイーター》といったものも存在する。
《人海戦術》等を用いたデッキ圧縮は、特定のキーカードに依存するデッキを運用する上で重要なファクターを成す。
よって、上記の効果モンスター達の数を抑えた【通常モンスター】軸の構築も十分に考えられる。
事故率は上昇するものの《スター・ブラスト》を採用すれば《戦士ダイ・グレファー》ともども《同姓同名同盟》に対応でき、ある種のテーマ性も生まれようというものだ。


総じて専用デッキを組む必要があるものの、それに見合うだけの働きをしてくれる優秀なフィールド魔法であると言える。
昨今のコナミによる植物族プッシュも、このカードのこれからを期待させてくれる。

発動時メッセージ「フィールドは向日葵畑となり、植物たちが力を得て動き始めた……!」

  • 原作・アニメにおいて―~
コメント募集中。