《闇の監察官ネビロス》

効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2400/守2800
自分フィールドに「闇の侯爵ベリアル」が表側表示で存在する場合、このカードはリリースなしで召喚できる。
このカードが表側表示でフィールド上に存在する限り、自分のドローフェイズにカードを1枚ドローする代わりに、
このカードよりも高いレベルの悪魔族モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。 


昨夜さんオリジナルカード第五期に登場した闇属性・悪魔族の最上級モンスター。
《BF-漆黒のエルフェン》のような召喚ルール効果に加え、《無敗将軍 フリード》を思わせる誘発効果を備えている。


二体のリリースを必要とする最上級モンスターでありながら、攻撃力は2400と上級モンスターの標準ライン。
決して悪くないものの、チューナー一枚から高攻撃力のモンスターがひょいと顔を出す現環境においては些か心許ない数値。
ここはやはり自身の召喚ルール効果を生かすため、ひいてはこのカードを守るために《闇の侯爵ベリアル》とともに並べたいところ。
また、属性・種族共に恵まれた要素を持つため、多くのサポートカードを駆使すればフィールドに出すこと自体は然程難しくないと言える。

肝心なのはこのカードを場に出した後、ドローフェイズに発動する誘発効果である。
類似カードである《無敗将軍 フリード》などとは微妙に書式が異なり、レベル8であるこのカードよりも「高いレベルの~」と表記されている。
恐らくは生ける《強奪》こと《ダーク・ネクロフィア》のサーチを容易にしないための配慮であろう。
ならばこの効果でサーチ出来る悪魔族が三邪神や《闇の神-ダーク・ゴッド》といった非常に用途の限られるモンスター、
果ては《ユベル》のようなデッキ・墓地に眠ってくれていた方が在り難いモンスター達ばかりになってしまった事を誰も責められまい。
一応、《悪魔の妹 フランドール・スカーレット》をサーチする事で《カタディオプトリック》の発動を補助する事も出来るが、現実的ではない。


以上の点から判断するに、悲しいことだが現時点においてスタンダードな【悪魔族】に採用する意義は薄いと言わざるを得ない。
彼の寵愛を受ける《魔人》が登場したその時こそ、このカードの真価が試される事になるだろう。


  • その他―~
元ネタはアトラスの「女神転生」
多くのシリーズに登場しており、ユーザーにとって顔馴染みの存在といえる。
その中でも最も有名なのはSFC「真・女神転生」だろうか。
同作において彼はベリアルと共に廃墟と化した東京・六本木を占拠し、少女『アリス』のためにゾンビを使役し町を復興させた。

これは伝承において語られる優れたネクロマンサーとしての一面を踏襲したものと思われるが、
一連のイベントにおける『アリス』への溺愛っぷりが災い(?)し、
ベリアルとともに『メガテンシリーズ二大ロリコン悪魔』などと呼ばれ親しまれる事も多い。