《ブラックモア》

効果モンスター
星4/水属性/戦士族/攻800/守1900
1ターンに1度、フィールド上に表側表示で存在する水属性モンスター1体の
元々の攻撃力と元々の守備力を、エンドフェイズ時まで入れ替える事ができる。 

水属性・戦士族の下級モンスター。
1ターンに1度、フィールドの水属性モンスターの攻守を入れ替える起動効果を持つ。

自身の守備力が1900あるためまず序盤の壁役として使用することが出来、また効果で自身を指定する事で
瞬間的な1900アタッカーにもなれるため単独での汎用性はまずまずある。

このカードのトリッキーな効果を使用する場合、攻守どちらかの値が特徴的なモンスターに使用する事になるだろう。
《ネオ・アクア・マドール》など、守備力の高いモンスターを瞬間的なアタッカーへと変化させる事が出来る。
また、相手モンスターも指定できるため相手の水属性モンスターへのメタにもなる。
相手が水属性を多用してきたり、属性を操作するタイプのカードを自分が使うならば実質相手の攻守を自由に操作できるためなかなか強力に働くだろう。
表示形式変更系のカードとも組み合わせる事で、さらに相手を翻弄しやすくなる。

  • 効果発動時の演出
(ブラックモア「私の能力名は『キャッチ・ザ・レインボー』
(『虹』を渡るように…『ガラスの板』の上を歩くように… 雨は降りそそいでいるとは限らない」

  • 元ネタにおいて―~
ジョジョの奇妙な冒険「スティール・ボール・ラン」に登場するキャラクター。
黒いコートに身を包んだ風体の、奇妙な雰囲気を持った男。
ヴァレンタイン大統領の懐刀として、大統領と敵対する事となったルーシー・スティールを狙いジョニィ、ジャイロと戦闘。
奇抜な外見とキャラクター、致命傷を負いながらもルーシーを追跡するその不死身さと執念をもって中盤の山場のストーリーを盛り上げた。
能力名は「キャッチ・ザ・レインボー」 降り注ぐ雨粒を、決して動かぬよう固定する。
決して動かぬ状態となった雨粒は見えない刃として攻撃に使用したり、自身の身を守る防御に使用したりできる。
CGI上の効果はこの雨粒を変化させる能力を再現したものと思われる。

「私の能力名は『キャッチ・ザ・レインボー』 『虹』を渡るように…『ガラスの板』の上を歩くように… 雨は降りそそいでいるとは限らない」