《魔人 加藤保憲》

条件召喚モンスター
星10/闇属性/戦士族/攻3400/守3000
このカードは通常召喚できない。自分フィールド上に存在するモンスター3体を墓地に送った場合のみ特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、手札を1枚捨てる事で自分の墓地に存在する「式神」と名のついたモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。
自分のエンドフェイズ毎に、「式神」と名のついたモンスター1枚をデッキから墓地へ送る事ができる。
このカードが自分の墓地に存在する時、自分の墓地の「式神」と名のついたモンスター4体をゲームから除外する事で
墓地のこのカードを手札に加える事ができる。 



咲夜さんCGI5期で登場した闇属性・戦士族の条件召喚モンスター。
高い戦闘能力と、式神に関連する3つの有用な効果を持つ。


召喚条件は《アルカナフォースEX-THE LIGHT RULLER》と同じ3体のモンスターの墓地送り。
「墓地へ送る」であるためトークン生成により手軽に素材を用意する事は出来ず、足が重い。
素材確保手段は《アルカナフォースEX-THE LIGHT RULLER》らを参考に考えよう。
式神を使用する場合、素材をさらにリクルートできる《式神・前鬼》、特殊召喚できる《式神・橙》などは墓地送り用に適しているだろう。

第一の効果は手札コストと引き替えに墓地の式神1体を完全蘇生できる効果。
レベル制限などもないため、最大の狙い目はやはり《式神・八雲藍》か。その他、特殊召喚時にライフ回復が可能な《式神・後鬼》《式神・八雲藍》に次いで攻撃力の高い《魔鏡の式神・那由多》なども考えられる。

第二の効果はエンドフェイズ毎に式神限定の《おろかな埋葬》を発動できる。
ターン毎にノーコストで墓地アドバンテージの増加とデッキ圧縮が出来、第一・第三の効果発動を効率的に補佐してくれる。
《式神・八雲藍》の蘇生戦術の補助や、《前鬼後鬼の守護》の発動条件を満たすなど、使い勝手の良い効果と言えるだろう。

第三の効果は墓地からの起動効果であり、同じく墓地に存在する自分の式神4体をゲームから除外する事でこのカードを手札に戻す事が出来る。
墓地アドバンテージをハンドアドバンテージへと変換できるのだが、このカード自身が前述の通り重い条件召喚モンスターであり、
この効果で手札に加えてすぐ役に立つ、という状況に持って行きづらいのは難点であろう。
式神に重要な墓地アドバンテージを大きく失ってしまうのも痛い。
しかし墓地の越えた中盤以降ならば、必要になった局面で自由にこのカードを手札に加えられるというのは相手にとってプレッシャーになり、複数積みが事故に繋がる大型モンスターであるこのカードを無理に複数枚採用せずとも、
墓地からサーチできるために運用しやすくなるという確かなメリットがある。
あるいは割り切って墓地アドバンテージ4枚分を手札コスト1枚へ変換、という風に考える事も出来るだろう。

以上3つの効果はデメリットも無く、式神デッキで大車輪の働きを見せてくれるのだが
このカード自身は式神の名を持たないため、各種式神サポートを受けられない点がネックとなる。
また比較的地属性や獣戦士族の多い式神において、それらのカードの恩恵にもあずかる事が出来ない。
汎用性の高い強力な効果の数々と、一方で他の式神モンスターと噛み合わない基本ステータスをどう摺り合わせ克服していくかが、このカードを使用する上でのポイントとなってくるだろう。

手札に加える効果発動時メッセージ「屍解仙の秘法を使い加藤が現世へ蘇った!」

  • 元ネタにおいて
加藤保憲(かとう やすのり)は荒俣宏の小説「帝都物語」に登場する。大日本帝国の軍人にして、東京滅亡を企んだ魔人。
非常に高い戦闘力と呪術の力を持ち、多数の式神を操って、関東大震災を起こしたりするなど様々な災厄を巻き起こした。
実写映画版で演じた俳優は嶋田久作。

彼の強烈なキャラクター性は後の様々な創作に多大な影響を与え、
彼をモティーフにした創作キャラクターは「ストリートファイターⅡ」シリーズのボスキャラ・ベガや
「女神転生・デビルサマナー」シリーズの主人公・葛葉ライドウなど数多い。

東方projectにおいても、旧作の曲「永遠の満月」の曲コメントや東方永夜抄の「将門クライシス」のスペルプラクティスコメントにおいて帝都物語、及び加藤の名前が見られる。
(それぞれ「永遠の満月」は加藤が関東大震災を引き起こすために使用した大がかりな術、将門公は加藤が復活させようとした人物。)
また東方三月精でも、やはり荒俣宏が原案・ノベライズし、この加藤の登場する「妖怪大戦争」という作品をもじった《妖精大戦争》というタイトルの話が登場するなど、各所に影響が散見される。