《HEROの遺産》

通常魔法
自分の墓地に存在するレベル5以上の「E・HERO」と名のついたモンスター2体をゲームから除外する事で発動する。
デッキからカードを2枚ドローする。


咲夜さんCGI5期で登場した通常魔法。
レベル5以上のE・HERO2体を墓地から除外する事でデッキからカードを2枚ドローする、ドローカード。

この系統の代表的なカード《貪欲な壺》が墓地のモンスター5体を必要とするのに対し、このカードは必要枚数がたった2枚で済む。
しかし対象が「レベル5以上のE・HERO」に限られているため、単純に発動しやすくなっているというわけではない。

レベル5以上のE・HEROは各種融合モンスター、コンタクト融合体が該当する。
またメインデッキに入るモンスターでは《E・HERO ネオス》《E・HERO ネクロダークマン》《E・HERO エッジマン》のみであり、このうち《E・HERO ネオス》は蘇生戦術が得意であるため除外せず墓地に置いておきたい、同じく《E・HERO ネクロダークマン》も墓地で効果を発揮するモンスターと、あまり除外はしてしまいたくないモンスターが多い。
《ミラクル・フュージョン》との兼ね合いなどもあり、墓地に落ちたE・HEROをどうするか?は【E・HERO】デッキの中での重要な要素であるため、
《貪欲な壺》や《ホープ・オブ・フィフス》ら競合カード、及び自分の戦術を吟味して投入を検討していきたい。


  • 原作・アニメにおいて―~
漫画版遊戯王GX、十代VS万丈目において十代が使用。
原作では墓地にレベル5以上のE・HERO2体が存在してさえいればコストとして除外する必要もなく、またドロー枚数も3枚と相当強力なカードであった。