《紅き月 レミリア・スカーレット》

効果モンスター【覚醒】
星8/炎属性/悪魔族/攻 2900/守 2400
このカードは墓地からの特殊召喚は出来ない。
このカード以外の、自分フィールド上のモンスター1体を生贄に捧げるごとに、
このカードの攻撃力はエンドフェイズまで800ポイントアップする。
この効果は相手ターンでも使用する事ができる。 
このカードがモンスターと戦闘を行う時、ダメージステップの間のみ相手モンスターの守備力は半分となる。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
このカードの攻撃力がそのモンスターの守備力を越えていれば、その数値だけ相手に戦闘ダメージを与える。

攻撃力アップ効果と貫通効果を持つ炎属性・最上級モンスター。
貫通攻撃を行う際、相手モンスターの守備力を半分にするため《千年の盾》、《守護神エクゾード》等の高守備力を売りとするモンスターすら軽々戦闘破壊する。
攻撃力をアップさせる効果はトドメに使うもよし、《黄泉ガエル》を利用して継続的に使うもよし。貫通効果と合わせて相手に致命傷を与えてくれるだろう。エラッタによって相手ターン中の発動が可能になったため、いざという時の迎撃もできるようになった。このカードの隣に積極的にモンスターを並べておけばそれだけで相手にとってかなりのプレッシャーとなる。
というように強力な効果を持つが、このカードは上級モンスターの基本的運用法「墓地からの特殊召喚」が出来ないといデメリットも合わせ持つ。
ただし、除外ゾーンからの特殊召喚に制限はないので、《封印の黄金櫃》から《D・D・R》、《異次元からの帰還》につなげて奇襲させるとよいだろう。《マクロコスモス》等を利用しての専用デッキを組んでもいいかもしれない。その場合は、上記の《黄泉ガエル》を《異次元の偵察機》、《異次元の生還者》に変えればいい。

《紅き月の従者 十六夜咲夜》と共に運用することで、戦闘の対象にされず、対象を取る魔法・罠の効果を受けなくなる。この2枚は積極的にフィールドに並べていこう。《血の懐中時計》があれば即座に《紅き月の従者 十六夜咲夜》を呼び出せる。他方の相手モンスター一体を守備表示にする効果も、《紅き月 レミリア・スカーレット》は相手が守備表示であれば素の状態のあらゆるモンスターが射程に入る効果と攻撃力を誇る為に相性は抜群。流石は瀟洒な従者である。ただし《究極竜騎士》と並ぶ最高攻守の一角で《龍の鏡》等の存在から場に出る機会の多い《F・G・D》は戦闘破壊耐性があるので通常撃破は不可能となっている。惜しい。
ただし自分の使う魔法・罠も無効化されることに注意。強力な専用装備魔法である《吸血鬼幻想》を活用したい場合は《紅き月の従者 十六夜咲夜》と同時にフィールドに出してはいけない。それでも相手の伏せカードが気になる場合は《レッドマジック》を使おう。
また、《紅き月の従者 十六夜咲夜》では《聖なるバリア-ミラーフォース-》に代表される対象を取らない効果や、帝シリーズをはじめとするモンスター効果への耐性はないことも留意すべし。前者の対策には《レッドマジック》があるが、後者には《天罰》等で対策するほか無い。

《フォービドゥンフルーツ》によって上位種《悪魔の妹 フランドール・スカーレット》を特殊召喚することが出来る。戦闘破壊には対応していないが、元々の攻撃力が高いので効果により破壊されることの方が多いだろう。

  • 原作において―
東方紅魔郷において紅魔館の主、ステージ6(ラストステージ)のボスキャラとして登場。何種類もの弾幕でプレイヤーを苦しめる。また、東方永夜抄では《紅き月の従者 十六夜咲夜》とコンビを組んで自機に昇格。
「スカーレットデビル」の異名を持つが、その由来は小食で上手く血が吸えないため服に赤い血をこぼしてしまうことから、というオチ付き。
原作初登場時にはラスボスにふさわしい威厳を兼ね備えての登場だったが、ネーミングセンスがアレだったり、にすらナメられたり、果ては公式でまでカリスマブレイクしたりとカリスマの危機に瀕している。

攻撃名は「紅魔「スカーレットデビル」!」
守備力半減効果は「レミリアが攻撃する時相手モンスターの守備力は半分となる!」
貫通効果は「神槍「スピア・ザ・グングニル」!レミリアの攻撃がガードを貫通してダメージを与える!!」
攻撃力上昇効果は「レミリアはモンスターの血を吸って攻撃力が800ポイントアップ!」
とメッセージが出る。

関連カード