《幽羅帝の号令》

通常魔法
自分フィールド上に「鉄甲龍-ハウドラゴン」が存在する場合のみ発動することができる。
デッキからレベル8以下の「八卦衆」と名のついたモンスターを2枚まで選択し手札に加える。 


オリジナルカード5期で登場した通常魔法。
《鉄甲龍-ハウドラゴン》がフィールドに存在する時のみ発動でき、デッキから2枚まで八卦衆をサーチして手札に加えられる。
このカード1枚で2枚のモンスターを自由にサーチできる効果は強力。
《鉄甲龍-ハウドラゴン》が自フィールドに存在するということは、その手札に加えたモンスターを即座に特殊召喚できるという事でもあるので
現在の戦況にもっとも有効な八卦衆を呼びつければよく、発動時の気分はまさに幽羅帝と言える。
しかし効果は強力だが特定の最上級モンスターが場にいなければならないという発動条件は厳しく、
サーチカードであるもののその性質は「安定性を向上させる」繋ぎのカードというよりはむしろ「威力を持って場を打破する」必殺技的な攻めのカードに近い存在。

「レベル8以下」という縛りがついているが実際これによりサーチできなくなっているのは《八卦衆 天のゼオライマー》のみ。
《八卦衆 天のゼオライマー》をサーチできるとその特殊召喚がなかなか容易になってしまうというゲームバランスの調整と、
全ての黒幕であり冥王となるべく動く《八卦衆 天のゼオライマー》は幽羅帝には従わないという原作の再現の二つを兼ねているのだろう。

  • 「発動条件の厳しい通常魔法」のご多分にもれず《D-HERO ダイヤモンドガイ》で条件を無視して発動する事もできる。通常魔法の比率が多くなる場合、【八卦衆】に単独で投入してみるのもありかもしれない。