《表裏一体》

速攻魔法
自分フィールドのレベル7以上の光属性または闇属性のモンスター1体を手札に戻す事で発動する。
リリースしたモンスターが光属性ならば闇属性、闇属性ならば光属性のモンスター1体を手札から特殊召喚する。 

闇属性か光属性のモンスターを手札に戻すことで手札から対となる属性のモンスターを特殊召喚する速攻魔法。
最上級モンスターを速攻召喚できるため、バトルフェイズ中の追撃などにより大打撃を与えられる。
普通に召喚するためだけに最上級モンスターをバウンスしてしまうと損失が少なくないので、
妥協召喚モンスターを使ったり、相手の効果にチェーンしてのサクリファイス・エスケープなどを狙いたい。
効果を使い切った《ダークエンド・ドラゴン(C)》《ライトエンド・ドラゴン(C)》をリリースするなどの手もあるか。

《青眼の白龍》をリリースして《真紅眼の黒竜》を特殊召喚。またはその逆をやるなど。対となるモンスターを特殊召喚するのがかっこいいだろう。
2013/6のエラッタによりコストと対象がドラゴン族限定ではなくなった。
光・闇属性には有用な最上級モンスターが多くいるので新たな用途が見つけられるかもしれない。

  • 原作・アニメにおいて―~
漫画版GXにおいて「万丈目VS丸藤翔」戦にて万丈目が使用。
《ダークエンド・ドラゴン(C)》を生贄に《ライトエンド・ドラゴン(C)》を土壇場で特殊召喚した。

FAQ

Q:融合モンスターやシンクロモンスターをEXデッキに戻して発動できますか?~
A:いいえ、それらのモンスターは対象に選択できません。~

Q:手札に特殊召喚対象が存在しない場合に発動できますか?~
A:いいえ、発動できません。~