《アタッチメント・ドラゴン》

効果モンスター
星1/風属性/ドラゴン族/攻100 /守100 
このカードの召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、このカードを装備カード扱いとして相手フィールド上の表側表示モンスター1体に装備することができる。
このカードを装備したモンスターは表示形式を変更し、その後このカードを装備している限り表示形式を変更することはできない。 

自ら相手モンスターの装備カードとなり表示形式を束縛するドラゴン族モンスター。

《六芒星の呪縛》と似たような効果を持つが、表示形式を変更した相手モンスターの攻撃については制限されないが、
表示形式変更の効果を持っているので相手の攻撃表示モンスターを指定して発動すれば必然的に攻撃宣言を封じることに繋がる。
相手のモンスターが守備表示のブロッカーであった場合は格好のサンドバックにすることができる。

ただ、相手のモンスター一体を無力化するのには十分な能力だが、ライバルとしては《スキルドレイン》すら通り抜けるミスター除去《ならず者傭兵部隊》、
ドラゴン族に限定しても除去なら《ボマー・ドラゴン》、1体限定で相手の攻撃を《ブリザード・ドラゴン》など。効果を発動後戦闘で対象モンスターを
除去しないとアドバンテージを取れないこのカードを使用する意義は見出しにくい。
モンスター除去を喰らう恐れはほとんどないが、《サイクロン》などの魔法罠除去に弱いのも特徴の一つ。

  • 原作・アニメにおいて―~
アニメGXにおいて天上院吹雪が使用。
「十代 vs ダークネス(天上院吹雪)」戦で登場、十代の《E・HERO ランパートガンナー》に装着された。