※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《魔将軍スリーダイヤモンド》

効果モンスター
星8/炎属性/悪魔族/攻3000 /守2000 
このカードはレベル7以上の炎属性モンスター1体をリリースして表側攻撃表示でアドバンス召喚する事ができる。
このカードが戦闘でモンスターを破壊して墓地へ送った時、フィールド上に表側表示で存在する「リザレクション」1枚に
フェニックスカウンターを1つ乗せる事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールドからフェニックスカウンターを2つ取り除く事で魔法カードの発動を無効にし、それを破壊する。 

炎属性・悪魔族の最上級効果モンスター。
レベル7以上の炎属性モンスター一体のリリースで召喚できる召喚ルール効果と、フェニックスカウンターに関する二つの効果を持つ。
その効果故に【フェニックス】と非常に相性が良い。

召喚ルール効果によって蘇生の比較的楽な《首無しの鳳凰》や《ピラミッド・タートル》でリクルートした《スカル・フレイム》などの一体のリリースで召喚できる。
さらにその他の特殊召喚に関する制限もないため墓地からの《死者蘇生》や《カーボネドン》によるデッキからの特殊召喚も可能である。

自身の高いステータスも相まって戦闘破壊による能動的なフェニックスカウンターの蓄積が可能である。
さらにフェニックスカウンターを2つ取り除くという条件付きではあるが、魔法カードを無効化できるため魔法による除去にも強い。
反面、罠やモンスター効果に関する耐性はまったく無い。

戦闘破壊によってフェニックスカウンターを乗せるため必然的にこのモンスターの攻撃宣言は多くなり、その都度に罠の脅威に晒されるため優先的に守っていきたい。



  • 原作において―~
同人サークルはちみつくまさんによる東方二次創作作品『東方冥異伝』に登場するボスキャラクター。
イベントシーンにおいては幻想郷の住民達を一撃で圧倒し、その後弱体化するもなおその圧倒的な力を見せつけた。
なお当該作品には遊戯王、およびGXのオマージュ(バーサーカーソウル・ヘルカイザー誕生シーンなど)が数多く盛り込まれている。
これが恐らく実装の最大の理由ではないかと思われる。

なお原作では三体の魔神の融合体であるのだがこのモンスターが単体で存在する今、これらが実装される可能性はあまりに低い。
攻撃時に放つセリフは全て当該作品でこのキャラクターが使う技であり、《デスペアードストラック》《ホットスポットマグマ》などもその一つである。

関連カード