《全人類の緋想天》

通常魔法
自分フィールドに表側表示で存在する「非想天の娘 比那名居天子」1体の守備力を1000ポイント下げる事で発動する。
選択したモンスターがフィールドを離れる場合、フィールド上に存在するカードを全て破壊する。
このカードを発動したターン、選択したモンスターは、自身の効果の対象となるフィールド上のモンスター全てに対し一度ずつ効果を発動する事ができる。 

Extraで登場した、《非想天の娘 比那名居天子》専用のサポート魔法。
防御力と引き換えに、条件付きのフィールドリセット効果と効果使用回数制限の解除という変わった効果を付与するカード。

一つ目の効果は《E・HERO アブソルートZero》の二番目の効果の上位互換。
発動するだけで《炸裂装甲》や《聖なるバリア-ミラーフォース-》などの使用を躊躇わせる、《亜空間物質転送装置》などで不利なフィールドを一掃するなどといった活用が可能な非常に強力な効果。
ただし天子は手札から特殊召喚出来ないため、始めからフィールドにいない場合召喚権を使いきっている事が多い。
よって自発的にこの効果を使う場合は《二重召喚》などでサポートしてやる、墓地から特殊召喚して自発的に除去したりコストなどにしたりする等の工夫が必要。

二つ目の効果は天子の起動効果の使用回数制限を解除する効果。
同じモンスターこそ選べないものの天子の効果はどれも非常に強力なものばかりであり、特に効果対象の大幅な拡大を図れる《緋想の剣》とのシナジーは抜群。
上記のカードと共に《DNA移植手術》等を併せて使えば疑似的な《守護者スフィンクス》や手札を大幅に削り取る凶悪コンボなどを成立させることも夢ではない。

しかし天子自体が相手と自分の場に大幅に依存するため安定性は決して高くない。
さらに第一の効果は自分のフィールドも巻き込んでしまうため、性質上魔法・罠ゾーンにカードを溜めこみやすい構築になる天子にとっては頭が痛い。
専用サポートであるが故の事故要因率の高さもあるため、このカードをデッキに組み込む場合はプレイングやデッキ構築をしっかりと考える必要がある。

発動時メッセージ「非想天の娘 比那名居天子は全てのモンスターの気質を発現させる!」


関連カード


FAQ