《ベクターマーズ》

効果モンスター
星4/炎属性/機械族/攻1400/守1000
このカードをリリースする事で、手札から「アクエリオンマーズ」1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターに、「エレメントカウンター」を2つ置く。


咲夜さんオリジナルカード第四期に登場した炎属性・機械族の下級モンスター。
自身をリリースする事で手札から《アクエリオンマーズ》を特殊召喚する効果を持つ。
《ケルビム・マーズ》については当該ページを参照のこと。


まず、四期に登場したベクターマシン全てに言える事だが、文字通り『アクエリオンの特殊召喚のため』以外に使いようが無いのが難点。
ステータスの低さも問題で、下級アタッカーの攻撃すらロクに止める事が出来ない。
最高攻撃力を持つ《ベクターソル》でさえ採用率の高い《ライトロード・マジシャン ライラ》に容易く戦闘破壊されてしまう。
リクルーターと相打ってしまうこのカードに至っては最早語るまでも無いだろう。

攻撃力の低さから《UFOタートル》に対応しているのがせめてもの救いか。
《アクエリオンマーズ》一本に絞ったデッキを構築するならば《石油採掘》のサルベージによってピンポイントに合体を行う事が出来る。
《バーニングブラッド》影響下であればアタッカーとしてなんとか運用できる数値になるだろう。
また、一本に絞った場合《テレポート・チェンジ》《不動の采配》といったカードが使いづらくなる。
よって、相対的にこのカードによる特殊召喚の重要性も上がることになる。良くも悪くもアクエリオンを象徴する一枚と言えよう。


  • 全てのベクターマシンに言える事だが、複数種採用型【アクエリオン】を構築する上で頭痛の種となるのが他でもないこのカード。
このカードからの特殊召喚を狙う場合、手札に対応するアクエリオンが存在する事が必要不可欠となる。
手札にアクエリオンを呼びこむには極力デッキ枚数を抑えアクエリオンを増やす必要があるが、その場合このカードをスムーズに展開するためのリクルーター等は排除しなければならない。
そしてリクルーター等を排除する事によって戦線の維持が難しくなり、ジリ貧に陥りやすくなるという悪循環。

最悪なのは手札にアクエリオンが存在せず、苦し紛れで壁として出し、戦闘破壊されたあとで対応するアクエリオンを引くというパターンである。
更にまずいのは【アクエリオン】にとってこのパターンが非常に発生しやすいということである。
第六期終盤には《テレポート・チェンジ》がエラッタを受け、Extraでは《不動の采配》が登場したが劇的な変化には至っていない。
事故を乗り越え、いかに合体するか?いっそ運ゲーと感じようともこれを諦める事だけはしない根気と愛が求められる。


効果発動時に
アポロ「念心!」
シルヴィア「合体!」
シリウス「ゴー!アクエリオーン!」
と、メッセージが出る。


  • 原作・アニメにおいて
搭乗するエレメントの「知力」や「作戦指揮能力」、「思考力」を増幅する特性があるベクターマシン。
機首と翼部にある合計四門のビームカノン砲が武器。
主にシリウスやピエールが搭乗することが多い。