〔涼宮ハルヒの憂鬱〕SS-00-0001



上部タグ未削除




選択肢 投票
良かった (0)
いまいち (0)
つまらない (0)


感想用

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


題名

ペンネーム





ある日

俺は、ある日長門に本を押しつけられた。
厚い頭が痛くなりそうになる本だった。

夜活字ばかりの本のページをめくっていた時だった。
そこには栞が挟まっていた。
「明日13時に私の家に来てほしい。」
明日は土曜日。もちろん暇であるので
とにかく訪ねることにした。


例の宇宙人マンションにつくとインターホンを
鳴らした.
「入って」
エレベーターにのってドアをあけると長門がいた。
長門はリビングに俺を案内すると
「お茶いれるから待ってて」






























#include plugin Error : 指定されたページはございません。
#include plugin Error : 指定されたページはございません。
#include plugin Error : 指定されたページはございません。
#include plugin Error : 指定されたページはございません。
#include plugin Error : 指定されたページはございません。


情報収集

トラックバック一覧
&trackback
テクノラティ検索結果
#technorati
口コミ一覧
  • 「ページ名入力」を含む口コミが見つかりません。
関連ブログ一覧
  • 「ページ名入力」を含むブログが見つかりません。
リンク元
申し訳ありませんが、ref_list プラグインは提供を終了し、ご利用いただけません。


編集者用



ミニ編集参加(文の提供・嘘・誤字等)



出典、参考