はじまり

 善行忠孝という男がいました。
 女を幸せにする事は決してないと評され、英雄と呼ばれる戦争の天才。
 争いの中に身を置きながら、誰よりも戦いを嫌う男性です。
 そんな非凡な才を持った非凡な男性は、非凡なお見合いで平凡な幸せを手に入れたのでした。
お見合いしました

お見合い直後~善行さんの場合

 腕の中で真っ赤になって固まっているあおひとを見ながら、善行さんは楽しそうに眼鏡の奥の目を細めました。
 彼の本能が囁きます。この子はからかいががある、と。
「…どうかしたんですか?」
 顔を覗き込むように体を密着させると、あとひとの体がビクリと震えたのが伝わってきます。
 目線を向けてみると可哀想なくらい動揺して、耳の先まで真っ赤になっていました。
「ななな、な、なんでもないですよっ?!」
「そうですか?耳も赤いですし…」
「きっ、気のせいでぃあっひゃっ」
 今度は耳に口を寄せて囁いてみます。するとどうでしょう、すっとんきょうな声を上げてじたばた悶えています。
 勿論みっしりと鍛え上げられた筋肉をまとう善行さんはビクともせず、むしろ楽しそうに見つめています。
 狭いコクピット内で奇妙な声を上げながら、それでも自分に気を使ってか控えめに腕の中で悶えているあおひとの姿が可愛らしくて、そして無性におかしくて、善行さんは肩を震わせて笑い出しました。
 これは想像以上の収穫です。これほどからかいがいのある女性はなかなかいないのですから。
「あ、あの…忠孝さん…?」
 笑っている振動が伝わったのでしょう。あおひとはいぶかしげにこちらを見てきました。
 それでも笑うことを止めない善行さんに、ようやくあおひとも自分がからかわれていると気づいたようです。
「も、もしかして今までの全部わざとなんですかー!!???」
「えぇ、勿論。嫌でしたか?」
「∑~~~っ!!!???」
 輝かんばかりの素敵な笑顔を浮かべた善行さんはまた耳元で囁きます。しかも、あおひとの様子から嫌がっていないことも察しました。
 こうなってしまえば最早あおひとに抗うすべなどあるはずもありません。
 結局善行さんのからかいは、二人が海法よけ藩国の整備ドッグに着くまで続くこととなったのでした。

試練突破までの歩み

温泉旅行までの歩み

出産までの歩み


今日のごはん~忠孝さんの場合

 リズミカルな音を立てて台所に立つ奥さんの姿を、忠孝さんはソファに座ってまったりと見つめていました。
 用意されたこんにゃくや鶏モモ肉やちくわを楽しそうに乱切りにしている姿は、こちらまで幸せな気分にしてくれます。
「今日は機嫌がよさそうですね」
「はいっ!」
「何かあったんですか?」
「えへへー、秘密です」
 でもあおひとの言葉に、忠孝さんの顔は曇りました。
 まさか妻がこうまで自分にはっきりと秘密と言うとは思っていなかったのです。
 用意された材料や彼女の様子から大体は察せられるとは言えそこはそれ、本人の口から聞きたいものなのです。
 忠孝さんは音もなくあおひとの背後に忍び寄ると、そのまま彼女を抱きしめました。
「僕にも言えないことなんですか?」
 自分でも予想外なほど寂しげな声音に、奥さんが動揺したのが分かりました。
 何かを言おうとしては止め、せわしなく顔を動かし、ようやく出た一言はまるで子供みたいで。
「ひ…秘密、なんです」
「何を作っているのかも?」
「………ひみつ、です」
「そうですか…」
「で、出来上がったら何か分かりますからっ!」
 あまりに頑ななあおひとの様子に、わざとらしくしょんぼりしてみるという小技を使ってみました。いつもならこれであえなく陥落するのですか、今回は強情のようです。
 それならこちらにも考えがありました。
「わかりました…」
 納得したふりをして、そのまま抱きつくのです。
 子供じみた反撃ですが、これが意外と甘えたな奥さんには効果覿面なのです。
「た、忠孝さん…くっつかれているとごはんが作れません…」
「そうですね」
 少し小腹が空いていましたが、夕食は後回しにすることにしました。今はあおひとを離したくない、そう思って肩口に顔を埋めます。
「…おなか、空かないんですか?」
「その時はあおひとを食べますから」
 そう答えると、あおひとは恥ずかしそうに小さく呟きました。
 それでもどこか幸せそうに笑って身をゆだねてきたあおひとを見て、忠孝さんもまた幸せそうに抱きしめる腕に力を込めたのでした。


/*/


 非凡な男性と平凡な女性が出会って手に入れたのは、至って普通のどこにでもある、だからこそ特別な幸せの日々だったのです。

誕生日までの歩み


L:蒼の忠孝={
 t:名称=蒼の忠孝(ACE)
 t:要点=眼鏡,髪の毛が少なそう,筋肉,すね毛
 t:周辺環境=マイホーム
 t:評価=全能力19
 t:特殊={
  *蒼の忠孝のACEカテゴリ = 個人ACEとして扱う。
  *蒼の忠孝は同調判定で必ず成功する。
  *蒼の忠孝はバトルメード、名医、戦争の天才として扱いそれらが使う特殊を使うことが出来る。
 }
 →次のアイドレス:・蒼のあおひと(ACE)・あおひとの三つ子(ACE)・バトルメード(職業)

  *蒼の忠孝は同調判定で必ず成功する。
  *バトルメードはI=Dのパイロットになることが出来る。
  *バトルメードは援軍行為ができ、王女の許可があればどこの藩民としても活動出来る。
  *名医は治療行為ができ、この時、治療判定((器用+知識)÷2)を評価+3補正することを選択できる。補正を選択した場合は燃料1万tを消費する。
  *名医は治療で幸運判定が求められたら幸運評価を評価+2にして補正できる。(燃料は消費しない)
  *戦争の天才は学兵、学生として扱う。
  *戦争の天才は学兵、学生10人までの歩兵の燃料消費を50%(端数切り上げ)にすることができる。この効果は同じ対象に重ねることはできない。
  *蒼の忠孝の指揮は評価+5として数える。
  http://nyanking.pun.jp/yadchat/log/136.html