部品構造


  • 大部品: エイラーン RD:6 評価値:4
    • 部品: 概要
    • 部品: 効果
    • 部品: エンパス
    • 部品: 契機
    • 部品: 外見的変化
    • 部品: 笑顔



部品定義


部品: 概要

通常の人間にはできないことを実現できる特殊な能力の一つ。
わかっていることは多くはないが、同調能力者や共感能力者の一種と考えられている。
この能力の発現者は極めて少ない。

部品: 効果

意志の力で自身や相手の超能力を封じたり、増幅させたりができる。
自分の超能力の増幅、相手の超能力の増幅、自分の超能力の封印、相手の超能力の封印の順に難易度があがる。

部品: エンパス

相手の超能力を封じたり増幅したりするには、まず相手の能力を理解しなければならない。
エイラーンは相手のオーラを見る事ができ、それによってどういった力を使うのかを判別している。
エイラーンは共感(エンパシー)能力者でもあるのだ。

部品: 契機

同調や共感といった能力を鍛えているだけではエイラーンにはなれない。
この能力の発現者は総じて挫折を味わい、自身の無力さを痛感し、それでも立ち上がり前を向き、誰かのために力が欲しいと願ったという。

部品: 外見的変化

エイラーンはその能力を使用する際、瞳の色が変わってしまう。
元の目の色とは全く別のものになるか、元の色より明るくなるかは人によるが、うっすらと輝きを放つところは共通している。

部品: 笑顔

エイラーンは悲しみを知っているからこそ、常に笑顔を浮かべている。
はたから見ればどこか間抜けに見えてしまうその姿の裏で、誰よりも平和を願っているのだ。



提出書式


 大部品: エイラーン RD:6 評価値:4
 -部品: 概要
 -部品: 効果
 -部品: エンパス
 -部品: 契機
 -部品: 外見的変化
 -部品: 笑顔
 
 
 部品: 概要
 通常の人間にはできないことを実現できる特殊な能力の一つ。
 わかっていることは多くはないが、同調能力者や共感能力者の一種と考えられている。
 この能力の発現者は極めて少ない。
 
 部品: 効果
 意志の力で自身や相手の超能力を封じたり、増幅させたりができる。
 自分の超能力の増幅、相手の超能力の増幅、自分の超能力の封印、相手の超能力の封印の順に難易度があがる。
 
 部品: エンパス
 相手の超能力を封じたり増幅したりするには、まず相手の能力を理解しなければならない。
 エイラーンは相手のオーラを見る事ができ、それによってどういった力を使うのかを判別している。
 エイラーンは共感(エンパシー)能力者でもあるのだ。
 
 部品: 契機
 同調や共感といった能力を鍛えているだけではエイラーンにはなれない。
 この能力の発現者は総じて挫折を味わい、自身の無力さを痛感し、それでも立ち上がり前を向き、誰かのために力が欲しいと願ったという。
 
 部品: 外見的変化
 エイラーンはその能力を使用する際、瞳の色が変わってしまう。
 元の目の色とは全く別のものになるか、元の色より明るくなるかは人によるが、うっすらと輝きを放つところは共通している。
 
 部品: 笑顔
 エイラーンは悲しみを知っているからこそ、常に笑顔を浮かべている。
 はたから見ればどこか間抜けに見えてしまうその姿の裏で、誰よりも平和を願っているのだ。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "エイラーン",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "概要",
         "description": "通常の人間にはできないことを実現できる特殊な能力の一つ。\nわかっていることは多くはないが、同調能力者や共感能力者の一種と考えられている。\nこの能力の発現者は極めて少ない。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "効果",
         "description": "意志の力で自身や相手の超能力を封じたり、増幅させたりができる。\n自分の超能力の増幅、相手の超能力の増幅、自分の超能力の封印、相手の超能力の封印の順に難易度があがる。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "エンパス",
         "description": "相手の超能力を封じたり増幅したりするには、まず相手の能力を理解しなければならない。\nエイラーンは相手のオーラを見る事ができ、それによってどういった力を使うのかを判別している。\nエイラーンは共感(エンパシー)能力者でもあるのだ。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "契機",
         "description": "同調や共感といった能力を鍛えているだけではエイラーンにはなれない。\nこの能力の発現者は総じて挫折を味わい、自身の無力さを痛感し、それでも立ち上がり前を向き、誰かのために力が欲しいと願ったという。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "外見的変化",
         "description": "エイラーンはその能力を使用する際、瞳の色が変わってしまう。\n元の目の色とは全く別のものになるか、元の色より明るくなるかは人によるが、うっすらと輝きを放つところは共通している。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "笑顔",
         "description": "エイラーンは悲しみを知っているからこそ、常に笑顔を浮かべている。\nはたから見ればどこか間抜けに見えてしまうその姿の裏で、誰よりも平和を願っているのだ。",
         "type": "parts"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]