部品構造


  • 大部品: サイコキノ RD:14 評価値:6
    • 部品: 概要
    • 部品: 効果
    • 部品: 筋肉への信頼
    • 部品: オーラへの意識
    • 部品: 筋肉オーラ
    • 部品: オーラとの繋がり
    • 部品: サイコキネシス
    • 部品: 熟練の技
    • 部品: 硬化
    • 部品: 投擲
    • 部品: 引き寄せ
    • 部品: 放り投げ
    • 部品: 風起こし
    • 部品: 火事場の馬鹿力



部品定義


部品: 概要

超能力の中でもポピュラーなものの一つ。
意志の力だけで離れたものを動かすことができる。
ただの思い込みだが、強い思いは現実的な力を持つことを証明しているともいえる。
この能力はあおひと家の血筋かつ筋肉を鍛えた者しか使えない。

部品: 効果

鍛え上げられた筋肉から出たオーラが対象にまとわりつくというイメージを強く持つことで、実際に対象を持ち上げたり動かしたりすることができる。
筋肉isパゥワァだ。

部品: 筋肉への信頼

前段階として、この力を使うには鍛えられた筋肉とその筋肉に対する絶対的な信頼が必要となる。
今まで共に歩んできた筋肉への愛情、そして思い出。全てを内包した筋肉の可能性は無限大だ。

部品: オーラへの意識

超能力者は総じてその力を使用する際、体に気ともオーラとも呼ばれるものをまとっている。
サイコキネシスを使うためにはまず、そのオーラを意識することが重要になる。
目を閉じ集中し、筋肉一つ一つを意識しながら体に力をこめ、その力が体から溢れるさまをイメージするのだ。

部品: 筋肉オーラ

サイコキノのまとうオーラのこと。
どれだけの質量を動かせるか、またその射程などは、鍛えた筋肉の質と量、意志の力によって変動する。

部品: オーラとの繋がり

あふれ出たオーラを自覚できたら次だ。
筋肉からあふれ出たオーラは当然筋肉と繋がっているはず。
自らの筋肉を動かすようにオーラを動かすこと。これが自在にできるようになると次の段階へと進む。

部品: サイコキネシス

自分の意思のみで自在にオーラを動かせるようになればあとは簡単。
対象を目視したあと今までの訓練を思い返し、オーラで包み込み、そして動かす。
自身の筋肉を用いれば簡単にできることが、筋肉と繋がり筋肉の先にあるオーラに出来ないわけがないのだ。

部品: 熟練の技

最初は目を閉じて集中することが必須だが、熟練者は目を開けたままでもスムーズに使用することができる。
また自身や他者を宙に浮かしたりなど、使い手の数だけバリエーションがある。

部品: 硬化

筋肉に力を入れれば硬くなるように、オーラを凝縮することによって防御を行うことができる。
この際「マッスルガード!」と叫ぶことでさらに硬くなる。

部品: 投擲

オーラで包んだ物質を宙に浮かばせ、対象に向かって投げつける技。
物質の数や投げる際のスピードは、使用者の筋肉量やオーラとの相性、意志の力によって変動する。

部品: 引き寄せ

対象にオーラをまとわりつかせ、こちらに引き寄せる技。
対象の抵抗力によって操作難易度は変わる。大根などの根菜を収穫するのに便利。

部品: 放り投げ

引き寄せの応用技。
そのまま放り投げてもいいし、勢いをつけてさらに遠くまで投げてもいい。
一見してオーラが途切れているように見えるが、細い糸のようなもので繋がっているので安全に着地させることもできる。

部品: 風起こし

オーラを高速で回転させることで物質的な小さな風を起こすことができる。
無風のはずなのに髪やスカートがはためいているのは、この力を用いているからだ。

部品: 火事場の馬鹿力

追い込まれたりピンチになった時に使用できる。
筋肉オーラの出力を大幅に上げたり、射程を延ばすことが可能。
ただし使えるのは一日一回だけ、使用した後はあまりのカロリー消費にぐったりしてしまう。



提出書式


 大部品: サイコキノ RD:14 評価値:6
 -部品: 概要
 -部品: 効果
 -部品: 筋肉への信頼
 -部品: オーラへの意識
 -部品: 筋肉オーラ
 -部品: オーラとの繋がり
 -部品: サイコキネシス
 -部品: 熟練の技
 -部品: 硬化
 -部品: 投擲
 -部品: 引き寄せ
 -部品: 放り投げ
 -部品: 風起こし
 -部品: 火事場の馬鹿力
 
 
 部品: 概要
 超能力の中でもポピュラーなものの一つ。
 意志の力だけで離れたものを動かすことができる。
 ただの思い込みだが、強い思いは現実的な力を持つことを証明しているともいえる。
 この能力はあおひと家の血筋かつ筋肉を鍛えた者しか使えない。
 
 部品: 効果
 鍛え上げられた筋肉から出たオーラが対象にまとわりつくというイメージを強く持つことで、実際に対象を持ち上げたり動かしたりすることができる。
 筋肉isパゥワァだ。
 
 部品: 筋肉への信頼
 前段階として、この力を使うには鍛えられた筋肉とその筋肉に対する絶対的な信頼が必要となる。
 今まで共に歩んできた筋肉への愛情、そして思い出。全てを内包した筋肉の可能性は無限大だ。
 
 部品: オーラへの意識
 超能力者は総じてその力を使用する際、体に気ともオーラとも呼ばれるものをまとっている。
 サイコキネシスを使うためにはまず、そのオーラを意識することが重要になる。
 目を閉じ集中し、筋肉一つ一つを意識しながら体に力をこめ、その力が体から溢れるさまをイメージするのだ。
 
 部品: 筋肉オーラ
 サイコキノのまとうオーラのこと。
 どれだけの質量を動かせるか、またその射程などは、鍛えた筋肉の質と量、意志の力によって変動する。
 
 部品: オーラとの繋がり
 あふれ出たオーラを自覚できたら次だ。
 筋肉からあふれ出たオーラは当然筋肉と繋がっているはず。
 自らの筋肉を動かすようにオーラを動かすこと。これが自在にできるようになると次の段階へと進む。
 
 部品: サイコキネシス
 自分の意思のみで自在にオーラを動かせるようになればあとは簡単。
 対象を目視したあと今までの訓練を思い返し、オーラで包み込み、そして動かす。
 自身の筋肉を用いれば簡単にできることが、筋肉と繋がり筋肉の先にあるオーラに出来ないわけがないのだ。
 
 部品: 熟練の技
 最初は目を閉じて集中することが必須だが、熟練者は目を開けたままでもスムーズに使用することができる。
 また自身や他者を宙に浮かしたりなど、使い手の数だけバリエーションがある。
 
 部品: 硬化
 筋肉に力を入れれば硬くなるように、オーラを凝縮することによって防御を行うことができる。
 この際「マッスルガード!」と叫ぶことでさらに硬くなる。
 
 部品: 投擲
 オーラで包んだ物質を宙に浮かばせ、対象に向かって投げつける技。
 物質の数や投げる際のスピードは、使用者の筋肉量やオーラとの相性、意志の力によって変動する。
 
 部品: 引き寄せ
 対象にオーラをまとわりつかせ、こちらに引き寄せる技。
 対象の抵抗力によって操作難易度は変わる。大根などの根菜を収穫するのに便利。
 
 部品: 放り投げ
 引き寄せの応用技。
 そのまま放り投げてもいいし、勢いをつけてさらに遠くまで投げてもいい。
 一見してオーラが途切れているように見えるが、細い糸のようなもので繋がっているので安全に着地させることもできる。
 
 部品: 風起こし
 オーラを高速で回転させることで物質的な小さな風を起こすことができる。
 無風のはずなのに髪やスカートがはためいているのは、この力を用いているからだ。
 
 部品: 火事場の馬鹿力
 追い込まれたりピンチになった時に使用できる。
 筋肉オーラの出力を大幅に上げたり、射程を延ばすことが可能。
 ただし使えるのは一日一回だけ、使用した後はあまりのカロリー消費にぐったりしてしまう。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "サイコキノ",
     "children": [
       {
         "title": "概要",
         "description": "超能力の中でもポピュラーなものの一つ。\n意志の力だけで離れたものを動かすことができる。\nただの思い込みだが、強い思いは現実的な力を持つことを証明しているともいえる。\nこの能力はあおひと家の血筋かつ筋肉を鍛えた者しか使えない。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "効果",
         "description": "鍛え上げられた筋肉から出たオーラが対象にまとわりつくというイメージを強く持つことで、実際に対象を持ち上げたり動かしたりすることができる。\n筋肉isパゥワァだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "筋肉への信頼",
         "description": "前段階として、この力を使うには鍛えられた筋肉とその筋肉に対する絶対的な信頼が必要となる。\n今まで共に歩んできた筋肉への愛情、そして思い出。全てを内包した筋肉の可能性は無限大だ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "オーラへの意識",
         "description": "超能力者は総じてその力を使用する際、体に気ともオーラとも呼ばれるものをまとっている。\nサイコキネシスを使うためにはまず、そのオーラを意識することが重要になる。\n目を閉じ集中し、筋肉一つ一つを意識しながら体に力をこめ、その力が体から溢れるさまをイメージするのだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "筋肉オーラ",
         "description": "サイコキノのまとうオーラのこと。\nどれだけの質量を動かせるか、またその射程などは、鍛えた筋肉の質と量、意志の力によって変動する。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "オーラとの繋がり",
         "description": "あふれ出たオーラを自覚できたら次だ。\n筋肉からあふれ出たオーラは当然筋肉と繋がっているはず。\n自らの筋肉を動かすようにオーラを動かすこと。これが自在にできるようになると次の段階へと進む。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "サイコキネシス",
         "description": "自分の意思のみで自在にオーラを動かせるようになればあとは簡単。\n対象を目視したあと今までの訓練を思い返し、オーラで包み込み、そして動かす。\n自身の筋肉を用いれば簡単にできることが、筋肉と繋がり筋肉の先にあるオーラに出来ないわけがないのだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "熟練の技",
         "description": "最初は目を閉じて集中することが必須だが、熟練者は目を開けたままでもスムーズに使用することができる。\nまた自身や他者を宙に浮かしたりなど、使い手の数だけバリエーションがある。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "硬化",
         "description": "筋肉に力を入れれば硬くなるように、オーラを凝縮することによって防御を行うことができる。\nこの際「マッスルガード!」と叫ぶことでさらに硬くなる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "投擲",
         "description": "オーラで包んだ物質を宙に浮かばせ、対象に向かって投げつける技。\n物質の数や投げる際のスピードは、使用者の筋肉量やオーラとの相性、意志の力によって変動する。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "引き寄せ",
         "description": "対象にオーラをまとわりつかせ、こちらに引き寄せる技。\n対象の抵抗力によって操作難易度は変わる。大根などの根菜を収穫するのに便利。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "放り投げ",
         "description": "引き寄せの応用技。\nそのまま放り投げてもいいし、勢いをつけてさらに遠くまで投げてもいい。\n一見してオーラが途切れているように見えるが、細い糸のようなもので繋がっているので安全に着地させることもできる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "風起こし",
         "description": "オーラを高速で回転させることで物質的な小さな風を起こすことができる。\n無風のはずなのに髪やスカートがはためいているのは、この力を用いているからだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "火事場の馬鹿力",
         "description": "追い込まれたりピンチになった時に使用できる。\n筋肉オーラの出力を大幅に上げたり、射程を延ばすことが可能。\nただし使えるのは一日一回だけ、使用した後はあまりのカロリー消費にぐったりしてしまう。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]