部品構造


  • 大部品: 高機動 RD:9 評価値:5
    • 部品: 概要
    • 部品: 見た目
    • 部品: 爆発
    • 部品: ビィスト
    • 部品: 絶叫
    • 部品: 夢の20代
    • 部品: 理性
    • 部品: 高速移動
    • 部品: 必殺技



部品定義


部品: 概要

己の中にビィストを飼っている者がコールタールのようにドロドロとしたストレスを蓄積し、限界を超え一気に解放された場合に発現する。
ある種のストレス発散法と言ってもいいのだが、その実歪みまくった変態性の発露でもある。
これを着用できるのはあおひと家の者だけである。

部品: 見た目

高機動は大体にして変態性の強い服を着用しており、視覚テロ極まりない。しかも本人は真顔でやってのける。
あまりの惨状に見た者は心にダメージを受けたり吐き気を催したりしてしまう。
これを見て無事なのは精神のタフネスが相当あるか、同類、すなわち変態ぐらいだろう。

部品: 爆発

登場時は何もない場所のはずなのになぜかエフェクトとして背景で爆発が発生する。
これは極めて精神的負荷の強い高機動を見てしまったがゆえの、観測者の脳内で起こる幻覚の一種と考えられている。
実際はなにも燃えていなければ、破壊されてもいない。いや、見た物の心やら常識やらは壊されるかもしれないが…。

部品: ビィスト

自身の中に眠る本能、ただれきった欲望のこと。
高機動に至るまでのビィストは並大抵のものではなく、ビッグビィィストと呼ばれる。
一度解放すると以降は己の意思で自由に出し入れすることができる。

部品: 絶叫

ビッグビィィストを解放した際に心の奥底からほとばしる魂の声。
外見と合わさりその絶叫は聞いたものの心を激しく揺さぶる。
やっほーい。とひゃっほーいの中間くらいの音だが常人に出すのは難しい。

部品: 夢の20代

若さゆえの過ちというには遅く、老いゆえの諦観というには早すぎる絶妙なオトシゴロ。
むしろこの年代だからこその脂の乗り切ったテンションの高さと勢い、将来への展望がある。端数は切り捨て。

部品: 理性

欲望と本能の赴くままに変態性をさらけ出していても、常に理性は働いている。
むしろしっかり働いているからこそ余計にたちが悪いとも言える。
それでも緊急性の高い出来事があった時にはすぐさま素に戻り対応できるあたり、切り替えの早さもピカイチだ。

部品: 高速移動

高機動といえばその高速移動が持ち味だが、ただ敏捷性に優れているだけではない。
むしろ持ち前の敏捷性に鍛え上げられた筋肉が合わさった結果が高機動の機動力だ。
筋力による急加速、筋力による強制的な方向転換、筋力による急制動。筋肉の可能性は無限大なのである。

部品: 必殺技

高機動の技は多々あるが、特筆すべき必殺技ともいえるのがヒップアタックだろう。
力を入れれば引き締まり、鋼のごとき硬さの大臀筋が高速移動で迫ってくる。
あまりの殺傷力に人間相手に使う場合はあえて力を抜き、やわらかい尻肉でダメージを与える。
ある意味こちらの方が精神へのダメージが計り知れなかったりする。



提出書式


 大部品: 高機動 RD:9 評価値:5
 -部品: 概要
 -部品: 見た目
 -部品: 爆発
 -部品: ビィスト
 -部品: 絶叫
 -部品: 夢の20代
 -部品: 理性
 -部品: 高速移動
 -部品: 必殺技
 
 
 部品: 概要
 己の中にビィストを飼っている者がコールタールのようにドロドロとしたストレスを蓄積し、限界を超え一気に解放された場合に発現する。
 ある種のストレス発散法と言ってもいいのだが、その実歪みまくった変態性の発露でもある。
 これを着用できるのはあおひと家の者だけである。
 
 部品: 見た目
 高機動は大体にして変態性の強い服を着用しており、視覚テロ極まりない。しかも本人は真顔でやってのける。
 あまりの惨状に見た者は心にダメージを受けたり吐き気を催したりしてしまう。
 これを見て無事なのは精神のタフネスが相当あるか、同類、すなわち変態ぐらいだろう。
 
 部品: 爆発
 登場時は何もない場所のはずなのになぜかエフェクトとして背景で爆発が発生する。
 これは極めて精神的負荷の強い高機動を見てしまったがゆえの、観測者の脳内で起こる幻覚の一種と考えられている。
 実際はなにも燃えていなければ、破壊されてもいない。いや、見た物の心やら常識やらは壊されるかもしれないが…。
 
 部品: ビィスト
 自身の中に眠る本能、ただれきった欲望のこと。
 高機動に至るまでのビィストは並大抵のものではなく、ビッグビィィストと呼ばれる。
 一度解放すると以降は己の意思で自由に出し入れすることができる。
 
 部品: 絶叫
 ビッグビィィストを解放した際に心の奥底からほとばしる魂の声。
 外見と合わさりその絶叫は聞いたものの心を激しく揺さぶる。
 やっほーい。とひゃっほーいの中間くらいの音だが常人に出すのは難しい。
 
 部品: 夢の20代
 若さゆえの過ちというには遅く、老いゆえの諦観というには早すぎる絶妙なオトシゴロ。
 むしろこの年代だからこその脂の乗り切ったテンションの高さと勢い、将来への展望がある。端数は切り捨て。
 
 部品: 理性
 欲望と本能の赴くままに変態性をさらけ出していても、常に理性は働いている。
 むしろしっかり働いているからこそ余計にたちが悪いとも言える。
 それでも緊急性の高い出来事があった時にはすぐさま素に戻り対応できるあたり、切り替えの早さもピカイチだ。
 
 部品: 高速移動
 高機動といえばその高速移動が持ち味だが、ただ敏捷性に優れているだけではない。
 むしろ持ち前の敏捷性に鍛え上げられた筋肉が合わさった結果が高機動の機動力だ。
 筋力による急加速、筋力による強制的な方向転換、筋力による急制動。筋肉の可能性は無限大なのである。
 
 部品: 必殺技
 高機動の技は多々あるが、特筆すべき必殺技ともいえるのがヒップアタックだろう。
 力を入れれば引き締まり、鋼のごとき硬さの大臀筋が高速移動で迫ってくる。
 あまりの殺傷力に人間相手に使う場合はあえて力を抜き、やわらかい尻肉でダメージを与える。
 ある意味こちらの方が精神へのダメージが計り知れなかったりする。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "高機動",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "概要",
         "description": "己の中にビィストを飼っている者がコールタールのようにドロドロとしたストレスを蓄積し、限界を超え一気に解放された場合に発現する。\nある種のストレス発散法と言ってもいいのだが、その実歪みまくった変態性の発露でもある。\nこれを着用できるのはあおひと家の者だけである。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "見た目",
         "description": "高機動は大体にして変態性の強い服を着用しており、視覚テロ極まりない。しかも本人は真顔でやってのける。\nあまりの惨状に見た者は心にダメージを受けたり吐き気を催したりしてしまう。\nこれを見て無事なのは精神のタフネスが相当あるか、同類、すなわち変態ぐらいだろう。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "爆発",
         "description": "登場時は何もない場所のはずなのになぜかエフェクトとして背景で爆発が発生する。\nこれは極めて精神的負荷の強い高機動を見てしまったがゆえの、観測者の脳内で起こる幻覚の一種と考えられている。\n実際はなにも燃えていなければ、破壊されてもいない。いや、見た物の心やら常識やらは壊されるかもしれないが…。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "ビィスト",
         "description": "自身の中に眠る本能、ただれきった欲望のこと。\n高機動に至るまでのビィストは並大抵のものではなく、ビッグビィィストと呼ばれる。\n一度解放すると以降は己の意思で自由に出し入れすることができる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "絶叫",
         "description": "ビッグビィィストを解放した際に心の奥底からほとばしる魂の声。\n外見と合わさりその絶叫は聞いたものの心を激しく揺さぶる。\nやっほーい。とひゃっほーいの中間くらいの音だが常人に出すのは難しい。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "夢の20代",
         "description": "若さゆえの過ちというには遅く、老いゆえの諦観というには早すぎる絶妙なオトシゴロ。\nむしろこの年代だからこその脂の乗り切ったテンションの高さと勢い、将来への展望がある。端数は切り捨て。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "理性",
         "description": "欲望と本能の赴くままに変態性をさらけ出していても、常に理性は働いている。\nむしろしっかり働いているからこそ余計にたちが悪いとも言える。\nそれでも緊急性の高い出来事があった時にはすぐさま素に戻り対応できるあたり、切り替えの早さもピカイチだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "高速移動",
         "description": "高機動といえばその高速移動が持ち味だが、ただ敏捷性に優れているだけではない。\nむしろ持ち前の敏捷性に鍛え上げられた筋肉が合わさった結果が高機動の機動力だ。\n筋力による急加速、筋力による強制的な方向転換、筋力による急制動。筋肉の可能性は無限大なのである。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "必殺技",
         "description": "高機動の技は多々あるが、特筆すべき必殺技ともいえるのがヒップアタックだろう。\n力を入れれば引き締まり、鋼のごとき硬さの大臀筋が高速移動で迫ってくる。\nあまりの殺傷力に人間相手に使う場合はあえて力を抜き、やわらかい尻肉でダメージを与える。\nある意味こちらの方が精神へのダメージが計り知れなかったりする。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]