F-14

米軍のF-14以外の戦闘機についてはF-15F-22等をご覧下さい。


F-14て対空・対艦の戦闘機じゃないの?

トムキャットは艦隊防空専用の戦闘機でした。
ところが、ホーネットが配備されると「トムキャット邪魔じゃない?」と言われ始めたので、
「じゃ、爆撃もやるよ」といって爆弾も積めるようになりました。
でも2から4発しか爆弾を積めないので、費用対効果悪すぎです。
でも使わないと議会に「必要ないじゃん」と言われるので、ムリムリ使っていました。
海軍のお偉いさんに元トムキャット乗りが多いからだね。
(12:154)
F-14はJSOWもレーザー誘導爆弾もGPS誘導爆弾も運用可能です。
(12:156)

海軍のF-14と空軍のF-15が空中戦をおこなってF-14が圧勝したことがありますけど、それについての詳しい経緯を教えて下さい。

F-14に圧倒的有利な条件での模擬戦だったとか。
とりあえずF-15側はアフターバーナー使用不可。
(24:706)

F-14のキャノピーって、正面のグラスだけ青いのは何故?

HUDの反射面を兼用しているからです
(32:606)

F-14なんかは前席から後席まで一枚の風防になっていますよね。しかし、F-4“ファントム”なんかは、前席、後席別々の風防になっています。

この差は、意味があるのでしょうか?
風防が別々になっているF-4では、緊急脱出の際先に後席が脱出してしまうと
前席が脱出できず機体と運命を共にするという事故が多発しました。
これはキャノピーに負圧がかかってしまったためです。
おそらくそれを教訓にしてキャノピーが一体型になったものと思います。
(33:名無し軍曹)

F-14戦闘機の初期型には、光学ズーム機能がついていたって本当ですか?

一番初期には赤外線スキャナが付いていた。
それをTVカメラに替えたんだが、識別にはいまいちだったらしい。
でも当時は目標の光学的識別に必死で、
F-15でもサイトの上に狙撃用スコープをくっつけてみた、てな話もあったぞ。
ある種のベトナム後遺症でもある。
(36:346)

F-14って対地攻撃できんのかね?

海軍のF-14は1996年からLATIRN目標照準ポッドを導入し、これによってGBU-12やGBU-16といった
レーザー爆弾が使用可能になりました。この改修した機体を”ボムキャット”と称しています。
(51:名無し軍曹)

もし日本がF-15でなく、F-14を採用していたらどうなったのでしょうか。

日本がF14を採用していたらどうなったかですが、
空母の無い日本ではF15と使い方は変わらなかったと思われます。
(56:966)

トムキャットの可変翼って基本的にどういう動きなんでしょうか

低速飛行時に完全に前進した状態 後退角20度になる
速度の増加に従い高速飛行用の68度まで徐々に後退角を強めていく

スピード、マニューバー、エンペロープの全領域において
自動後退角制御プログラムがエアデータ、姿勢センサーの指示値を参考に
理想的な後退角を決定するが
特殊な状況、緊急時には手動によるオーバーライド(手動優先)もできる
(59:816)

トムキャットは後席の人がやることを一人でやれる物なのでしょうか

一応飛ばせるだろうけど戦闘は無理なような気が・・・
(60:396)

F-14はフェニックス6発搭載すると空母に着艦できないとそうですが、4発+サイドワインダー+スパローでも着艦は無理なんでしょうか?

できない
信管が生きている状態のスパローとサイドワインダーは安全規定により着艦前に投棄しなければならない
この規定、重量は関係ない
フェニックスについては、F-14は4発搭載でのブリングバックが要求されていてそれを満たしたらしいが
実際には実弾搭載の場合はたとえ1発だろうが着艦はしなかったはず(試験は除く
(356:608)
上、「信管が生きている状態の」 (active / live) の意味を間違ってないかい?
信管を取り付けても安全装置があるので、そのままでは生きていない(inert)。
発射/投下によって安全装置が解除されて初めてactiveになり、弾薬がliveになる。
それまでは12.7mmぶち込んだり、火にくべたり、RPGで撃ったりしない限り
(低感度爆薬の試験ではその通りのテストが行われるが)爆発しない。

だから発射/投下操作を行ったのに機から離れなかった弾薬はliveと考えられ、確かに規定によって
なんとかして振り放さない限り着艦できない。射出か、地上基地に緊急着陸となる。
しかし、発射操作を行っていない弾薬はカタパルト射出時と同様に安全。だから現在の艦載機では
bring back能力が要求仕様の一つとなっている。

サイドワインダーとスパローだけが例外、ということはあるのかもしれないが
(356:742)

何で、トムキャットは、ホーネットの倍の値段なんですか?

とっくの昔にホーネットはトムキャットとタメ張るくらい価格が高騰しておりやす。
そもそもF/A-18は空軍の低価格戦闘機試作でYF-16に敗れたYF-17コブラが元で、
海軍/海兵隊がF-14を高価格のため大量に採用できないためF/A-18と名づけ
戦闘機と攻撃機を統合した機体として採用した物です。初めはTomより安くて当たり前。

その価格が倍という話がいつの話でどこから聞いたのか知りませんが、
調達した年度や調達数で価格はいくらでも変わります。単純な比較は出来ないですね。
(50:441)

F-14はなぜ後継戦闘機を開発せずF/A-18をあてるのですか?

元々、F-14は艦体防空のために作られました。
で、ソビエト艦体の脅威も減少して貴方の察しの通り、F-14で直接、戦闘機から
艦隊を守る必要性も減ったんですな。イージス艦もありますし。
(44:664)
F-14は、艦隊防空以外の任務には殆ど充てようがない機体です。
対アフガンでは偵察装備を搭載してすこし重宝されたようですけど。
冷戦が終わって、F-14のような性格の艦載機は米軍の戦略構想から
すっかり浮いちゃいました。
(44:670)

アメリカのF-14ですが、最後の実戦参加はいつ頃なんでしょう?

F-14はアフガンの”エンデューリング・フリーダム”にも対イラク戦の”イラキ・フリーダム”にも
参加しています。
”イラキ・フリーダム”ではVF-154がカタールに4機の分遣隊を派遣し、FAC(A)任務に就いています。
この他、VF-2、VF-31、VF-32、VF-213のF-14も作戦に参加しています。
(281:名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE)




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯