ここでは主に格ゲーに使われる用語やコマンドの種類を解説します。

主な用語

これだけは知っておきたい格闘ゲーム用語を紹介

名称 解説
上段攻撃 立ちガード、しゃがみガードできる技。
中段攻撃 しゃがみガードできない技。主に、ジャンプ攻撃。
また、立ち状態からでもコマンドで出せる中段技もある。
それらは、基本的に発生がやや遅めである。
下段攻撃 立ちガードできない攻撃。
しゃがんだ状態で出す技は下段攻撃の場合が多い。
投げ ガード不能。ただし、相手に接近していないと決まらない。
また、ゲームによっては空中で出せる場合や、
投げを回避できる作品もある。
上段ガード 上段攻撃、中段攻撃をガード可能。
下段ガード 上段攻撃、下段攻撃をガード可能。
キャンセル 特定の技があたった時に、素早く必殺技コマンドを入れることにより、
技の隙をなくして必殺技を出すテクニック。
コンボ 相手の食らいモーション中にたてつづけに攻撃を加えること。
空中に浮いてるの相手に決めることを空中コンボと言う。
スイッチ CPUがこちらの動きに即反応することをこう呼ぶ。
例:ストZERO2でゲージがあるKENにしゃがみ中キックをすると、
ほとんどの確立で昇龍裂破を出す。
待ち 主に溜め技を持つキャラがしゃがんで動かない状態を指す。
相手が攻めてくるのを待って反撃をする。
これを忌み嫌う人もいるが、立派な戦術である。
エスパー まるでCPUのようにこちらの行動を先読みする人間をこう呼ぶ。
ハメ どうあがいても絶対に返せない連携や連続技。

必殺技

#random_imgpowerwave修正.gif,ryusennpu.gif,blanka-electric.gif,sagat1.gif,ehonda_100.gif,belva_oraora.gif,chunlisfa_mukade.gif)

必殺技(ひっさつわざ)とは、敵と戦う上で持ち合わせている技術、武器、技などのうちで最も有効かつ多用する技のことである。
武器の場合は必殺武器(ひっさつぶき)とも称する。
字義的には「必ず殺す技」と解釈できるが、必ずしも相手の命を奪う技とは限らない。
(wikipediaより)

コマンド

必殺技を出すために入力するレバーとボタンの動き。
これをいかに正確に入力できるかがポイント。
主なコマンドには、以下の物がある。

+ 代表的なコマンドの紹介

※方向はテンキー参照

一例コマンド名 コマンド 備考
波動拳コマンド 236 最も出しやすいコマンド
昇竜コマンド 623 初心者が最初にぶち当たる壁。
コツは歩きながら波動拳コマンドを出したり、
小文字のzを描くように入力
ヨガコマンド 41236 後から前へ下を通って半回転。
ゆっくり入れると出しやすい。
レバー溜めコマンド 4ため6 左のようなコマンドだったら、
←を約1秒前後入力しておき、→と、入力する。
いかにうまく溜めるかがポイント。
ちなみに、←溜めは/溜め→のように、
←要素ならどこでも入力を受け付ける場合が多い。
スクリューコマンド 一回転 着地瞬間になら出しやすいのだが
覇王翔孔拳コマンド 641236 コツは、最初の→をしっかり入力すること。
龍虎乱舞コマンド 2363214 コツは、波動拳のあと、早めに逆ヨガコマンドを入力。
ゴウキコマンド A,A,6,B,C ボタンとレバーを順番に押す特殊なコマンド。
+ 特殊な用語(テクニックなど)
名称 解説など
固め 隙のない技で攻撃をして相手に反撃の隙を与えないこと。
おもに、隙の少ない飛び道具、突進技を持つキャラが得意な戦法。
なぜかと言うと
常、技をヒットさせるとヒットバックと言う
キャラクター同士が少し離れるシステムが存在している。
しかし、飛び道具はヒットしても飛び道具を出した本人はヒットバックしないので、
相手との間合いが離れにくいのだ。
これを利用して相手を画面端に追いやって動けなくする戦法だ。
置き中段 中段攻撃は基本的に発生が遅い物が多い。
しかし、しゃがみガードできないと言う強みもある。
そこで、活躍するのが「置き中段」だ!
やり方は簡単。
ちょっとはなれた間合いで相手がジャンプしてくるのを待ちます。
相手の攻撃がぎりぎり届かない距離がベスト。
で、相手が飛んできて、着地する場所に中段攻撃を出しておきます。
すると、ジャンプした相手は相手の足払いを警戒していることが多く、
着地時はしゃがみガードしていることが多いので、中段攻撃があたります。
これはよほど発生の遅い中段攻撃で無い限り結構な確立でヒットします。
屈伸 波動拳を打ってくるのを待っている相手に「波動拳を打つぞ~~」という
警戒心を募らせる行為。
波動拳コマンドの(236)だけを入力し、ボタンを押さない。
そうすると、いつ本当に打ってくるかわからないので、うかつに飛び込めなくなる。
すかし投げ 相手におもむろにジャンプして接近し、
攻撃を出すと見せかけてそのまま着地して投げる行為。
しかし、これは見切られやすいので、相手に当たらない高さで攻撃を出して
そのまま着地して投げると言った方法もある。
すかし足払い ジャンプ攻撃を出すと見せかけてそのまま着地して下段攻撃を出す事。
ジャンプ攻撃は中段なので、飛び込まれた側は立ちガードしていることが多く、
とっさに下段攻撃を出されると対応しきれずに食らうことが多い。
ここから連続技を決めよう。
ヒット確認 技がヒットしたのを確認してから超必などでキャンセルして連続技にすること。
適当に技を連発して、ガードされたらキャンセルをせずに、ヒットしたらすかさずキャンセルする。
かなり難しいが、慣れれば簡単な上、強力。

回避攻撃

belva_megaclash.gif

主に敵の連続技を避ける時の周囲を攻撃する反撃技。 ファイナルファイト等ではボタンを2つ同時押しで発動し、 周囲の敵をなぎ払う技。

格ゲーでは回避攻撃に似たような技が搭載されている。 (例えば天草降臨の怒り爆発、GGXXのサイクバーストなど)

回避攻撃が搭載されている格ツク作品 ・指武利遊戯Majewelick Impact など