※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

追憶のかけら






★感想★

長編(650ページ)でしたが、すらすら読めました。


話が、2,3転します


そして誰がウソついてるのか、誰が本当のことを言ってるのか・・・


自分も読み進めるうちに


コイツか?


はたまたコイツか??と推理するも・・・


話は転がる転がる・・・


予想のつかない展開に、飽きることなく読みすすめられます。



あたしは、思わず読みながら『え!!』っと声をあげてしまいましたw



おもしろかったです、ミステリー好きには超オススメ。



1冊の中に、たくさんの展開が組み込まれており、すごく充実感あります(*ノ∀`)


そして最後の2ページは・・・感動で、涙しました。