バトルROワイアル@Wiki 039


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

039.愛する人へ


「……やはり、乗っている奴が居るな」

当然といえば当然だが、と、♂ウィザードは溜息を吐いた。
放送で発表された死者は5人。早いうちに死ぬと予想していたハンターや商人、マジシャンが死んでいた。
そしてやはりプリーストやアサシン、騎士などは死んでいない。

ウィザードは数刻前に隠れ家になりそうな廃屋を見つけていたが、離れなくてはならなかった。
なぜならそこは、GM秋菜の放送で”禁止区域”と指定されたフェイヨンだったのだ。
折角街の中まで入ったというのについていない。
ウィザードは頭の中によく知った”本当の世界”の地図を思い浮かべる。
南のアルベルタには逃げれない。
必然的に目的地はプロンテラの周辺になった。
東の森に逃げるという手もあったが、仮にその森に繋がる区域を禁止されてしまったら…閉じ込められて終わりだ。


「…砂漠越えか」

見渡す限り身を隠せそうな物は何もない、砂漠を通る事はウィザードにとって予定外だった。
しかし此処を越えなければ身を隠せそうな森には辿りつけない。
なるべく急いでウィザードは砂漠を掛けていく。
その途中、声が聞こえた。


「布団がふっとんだ!!」


あまりにも場違いなギャグにウィザードは思わず脱力してしまった。
寒い、とても寒いが走っていたウィザードにとってはちょうどいいくらいの冷却材だった。

「ちょっとウィーズさーん!!無視しないで!!」

ウィザードを追ってくるのはやはりバードだった。
一体どういうつもりで追っているのかはわからなかったがウィザードはそのまま走り続けた。
しかし元々の足の速さと体力の違いなのか、徐々に距離が縮まり、やがてバードはウィザードに追いついた。

その頃には既に砂漠も終わり、プロンテラの南にまで二人は近づいていた。

「ぜーぜーぜー、に、にげなくても…いいジャマイカ…」
「………ぜーはー…ジョークは…やめろ……」

ウィザードはバードを木の陰に呼ぶ。バードはすぐに納得したのかウィザードと共に隠れた。

「…で、何で逃げるのさ。僕は見ての通り弓も楽器も持ってないよ」
「追ってこられたら逃げるのが普通だろう…、それに、短剣を持っていないという保障はあるのか?」
「……………やっぱ賢いね、ウィズって」

バードが腰から短剣を抜いた。そしてウィザードの首筋にピタリとあてがう。

「……………」
「動くと刺すよ」

ウィザードは木とバードの短剣に挟まれ身動きが取れなくなった。

「…このまま殺してもいいんだけど、ひとつ聞きたい事があってね」
「………何だ」
「ダンサー見なかった?」
「………………」
「どうなの?」
「見ていない。本当だ」
「そっか……じゃ、用はないからバイバイ」

バードが短剣を深く突き刺そうと振りかぶる。
鈍い音がして短剣が刺さった。

「!?」

しかし、そこにウィザードの姿はなかった。
あるのは深く深く短剣が突き刺さった木の幹のみ。
状況を把握できずにバードが辺りを見渡す。

「っ、何処だ…!?」
「此処だ」

上から頭を鷲掴みにされ、バードは動きを止めた。
ウィザードは逃げていなかった。
ウィザードの服に取り付けられたクリップを見てバードは気づく。

「ハイディング……!?」
「ファイヤーボルト」

ウィザードが手を振るとバードの頭上から炎の矢が降り注ぐ。
何本も、ウィザードが詠唱を続ける限り、バードが跡形もなくなるほど黒コゲになるまで。


やがて数回のボルトでバードは完全な像と化した。もっと焼けば灰にすることもできたが、そこまでする必要もなかった。

「…………くそ、魔力も制御されてるのか?」

ウィザードの計算では1回、もしくは2回のボルト詠唱でこうなる筈だった。
だが魔力が落ちている。目に見えて攻撃力が下がっている。

「…不味いな……」

魔法防御力がそこまで高い訳でもないバード相手にこれだけ苦戦してしまうとなると、接近戦はかなり辛い物になるだろう。
ウィザードは更に慎重に行動を取る事を決めると、木の幹から短剣を抜いた。
ウィザードにも扱う事のできる貴重な近接武器だ。

「マインゴーシュ……まあ、無いよりはマシか」

マインゴーシュを手に持つ。更にバードの荷物を探ると、彼がダンサーを探していた理由が少しだけ見えてきた。

しかしウィザードには不要な物。否、持っていってもどうしようもない物。

「…………」

ウィザードはそれを黒い残骸と化したバードの左手の指にそっと嵌めてその場を立ち去った。


<バード死亡 所持品:銀の指輪 残り43名>
<♂ウィザード 所持品:バイブル[2]、ハイディング クリップ[1]、マインゴーシュ[3]、赤ポ、食料増加>

<残り43名>

戻る 目次 進む
038 目次 040
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|