バトルROワイアル@Wiki 048

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

048.悪魔よりも

「ほら、しっかり歩く!」

 悪魔ヘアバンドをつけた♀プリーストが、振り返って声を上げた。
 背後には、両手杖を頼りに疲れきった様子で歩いている♂マジシャンがいた。

「歩くの早いわよ! あたしは疲れてんの!」

 杖に寄りかかって叫ぶ姿はかなり情けない。
 というより、何故に女言葉なのか。

「安全な場所に今のうちに移動しないと、いつ誰が襲ってくるかわかりませんよ?」
「う……」
「あなたが死にたいのなら、私は止めはいたしません。お好きになさって下さい」
「ちょっと、それはないんじゃ……っ」
「あなたも会いたい人がいるのでしょう? 安全な場所でまずは休んで……探さなくては」
「……あー、もうっ わかったわよ!!」

 しぶしぶ、♂マジシャンは歩みを速めた。

「……生きてるかなぁ……♂剣士」

 最期にポータルに乗った時の横顔を思い出して、♂マジシャンはため息をつく。
 彼は、相方の♂剣士とともにここに拉致されてきたのだという。
 悪魔プリに発見されたとき、彼は泣きじゃくっていた。
 その姿に、悪魔プリは一人のWIZを思い出し……抱きしめて、落ち着かせたのだ。

「生きてるといいですね。見つけたら……一緒にがんばって、助かる方法……探しましょうね」

 周囲を警戒しながら、悪魔プリは進む。

 少し前まで、モロクですみやんと話をしていたはずなのに。
 気がついたらここにいた自分。

 理不尽な命令と理不尽な状況。
 それでも、希望は捨てない。

 生きて帰って、すみやんやWIZぽんたちに会いたい。

「本当に、生きて帰れるのかしら。いっそ、殺戮の限りを尽くしちゃう方が良くはなくて?」
「でも、人殺しにだけはなりたくないですよ。私は」
「悪魔プリは甘いわ……あたし、いつかあんた裏切るかもよ?」
「その時はその時です」


<悪魔プリ 悪魔HB、大青箱(中身不明)所持>
<参考スレ:萌え板 WIZぽんと愉快な仲間たち>

<♂マジ ソウルオブスタッフ、小青箱(中身不明)所持>


戻る 目次 進む
047 目次 049
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|