バトルROワイアル@Wiki 154


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

154.既視感


埋める際になって♂アルケミは気づいた。

(そうだ…首輪外してやらないと)

このゲームの象徴たる呪いの首輪を付けたまま送るのは忍びない。
そう思い、遺体の傍らにかがむと首輪を外してしまう。

そう、まるで首輪の危険性を忘れてしまったかのように

「なっ?!待っ!」
深淵の騎士子がその行為に驚き声を上げるが、既に遅い。

とっさに目をつぶる騎士子だが、2人と2匹を飲み込むように辺りは閃光につつまれ…

(…………あれ?)

…なかった。
おそるおそる目を開けると、さっきと変わらぬ情景がそこにある。


( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)


♂アコの首輪は既に♂アルケミの手の中に収まっている…
というかグルグル振り回していたり。

(…呪いというのは嘘か?)
とっさにそう考える騎士子だが、それはありえない。
その手の分野には詳しくないが、自分の首輪には確かに呪いが掛かっている。

「…何故、爆発せぬ?」

深淵の騎士子の慌てっぷりに驚いた♂アルケミだが、その呟きで得心した。
「ああ、この首輪か?」

そう言って、騎士子に向けて首輪を投げ渡すが、彼女はそれを受け取らず思わず避けてしまう。

「大丈夫、付けなければただの首輪だ」
「…本当か?」

恐る恐る拾い上げる騎士子に彼は苦笑する。

「♀ノビさんが斬られた時、既に爆発してるって…
 もし、そんなことで爆発していたら」

「♀ノビ?」

頭上に/?を浮かべる騎士子
そして♂アルケミはあの時の情景を思いだし顔を曇らせつつも、説明する。

「こちらに来るのが遅かったんだったな、深淵の騎士子さんは…
 ♀ノビさんがこのゲーム開始直前にGMに抗議して頭から真っ二つにされた。
 その時首輪ごとバッサリと。
 あと、呪いの術式云々は分かないが…
 純粋に【アイテム】として鑑定するのなら俺達の独壇場だから」

スキルを修得していればだけどね、と続ける。
騎士子はと言うと、恨み晴らさんとばかりに首輪を引っ張ってねじっている。

あ、千切れた。

「本当にただの首輪だな」

(馬鹿力…)
内心思ったが口にはしない。命は大切にしよう。

「だろ?
 中に何か仕込んでいるか?とも思ったが、それすら無い。
 生者にだけ有効な呪いなのかねぇ」

「つまり、『死ぬと爆発しない』わけか」

「………」

「………」

( (アレ?) )

お互い顔を見合わせる。
霞の向こうに何か影を見つけたような、もしくは喉に引っかかった小骨のような…
役に立たないかもしれない。
でも、もしかしたら何か『ゲーム』の根底に迫れる…


その時あの忌々しい声が辺りに流れ、イメージは儚く霧散した。


<♂アルケミ・深淵の騎士子現状維持>

戻る 目次 進む
153 目次 155
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|