バトルROワイアル@Wiki 053

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

053.如何なる者にも平等に



「♂クルセイダー死亡確認、残り40人…か」

ハイディングを解いて倒れているクルセイダーの脈を調べる
無論死んでいる

「ったく秋菜の奴め、なにが『貴方には特等席でこのゲームを鑑賞させてあげる♪』だよ、これじゃただの雑用じゃねーか」

苛立ちをたたきつけるかのようにクルセイダーを蹴り飛ばす

「これが女だったらちったぁ楽しめるんだがなぁ」

と、下卑た笑みを浮かべる

「次の死者は女であって欲しいぜ、ったく」
「……貴方に次は無いわ」

背後からの声と共に首筋に冷たい感触を感じる、♀ローグは♂クルセイダーを殺した後未だにこの辺りに潜んでいたのだ

「ま、まてよ。俺は参加者じゃなくてジャッジだぜ、俺を殺せば首輪が…」
「あら?貴方の首にしてる者はなにかしら?」
「なに!?」

恐る恐る首元に手を触れる、金属のような硬い感触がそこのはあった

「首輪をしてるってことは参加者よね?たとえそれがGMでも」

その時♂GMはGM秋菜に謀られたことを悟った

(あのクソ女が…だが俺にはバルムンがある)

振り向き様に一太刀、この体勢は一見こちらが不利だが不意を打てる分五分と五分だ

《fromGM秋菜:参加者にバルムン奪われたらゲームが面白くなくなるから転送の時に没収しておいたからね~んじゃ頑張って♪》

「ちくしょぉぉぉぉぉぉぉぉ」



<♀ローグ:状況変化無し>

<特別枠 ♂GM:首輪有り 所持品無し>

戻る 目次 進む
052 目次 054
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|