バトルROワイアル@Wiki 066


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

066.犬の首輪



「もう一つの箱からこんなものが出るなんてね――ま、諦めなよGMさん」



頑丈なロープの束を両手に持ち、♀ローグは可笑しそうに言い放った。

その足取りは軽く、この異様な光景をひときわ際立たせる。

――くそっ…バルムンさえあれば…。

もう何度目かになる台詞を心の中で呟きながら、

♂GMは自分を騙したGM秋菜への恨みをつのらせた。

彼は今、森から砂漠へと続くMAPを、半ば強制的に歩かされている。

腕、首――歩くために必要な足以外は、全てロープで固定され、

背中には♀ローグ愛用のダマスカスを突きつけられて。



逃げようにも、逃げられない。

首のロープは、ちょうどGM秋菜のつけた首輪に引っかかる形で巻きつけられている。

逃げようとしてロープを引っ張れば、♀ローグが手を下すまでもなく勝手にBAN、ということだ。

楽天的なようでぬかりない♀ローグの手に、♂GMは絶望的な表情を浮かべる。

今、こうやって歩いている間にも、彼女の頭の中では一体どんな殺人計画が練られているのか。

自分の行く末を知らせられないまま――いや、行く末などはとうに知れている。

肝心なのは、その方法なのだ。

素手で殴りかかったあの時、その場で殺されていたほうが、まだマシだったかもしれない。

――命乞いなんかするんじゃなかった。

♂GMは激しく後悔した。



あの時。

待ってくれ、と叫ぶ♂GMを縛り上げ、♀ローグは一言「高台に行こう」と言った。

「死体を運ぶのは一人じゃきついからね。自分で歩いてもらうよ」

楽しそうにそう言った♀ローグの目には狂気。

表立っては見えないが、それは確実に♀ローグの奥深くに宿っていた。

「秋菜め…精神に多少細工したってのはこれのことか」

低く呟く♂GMの言葉を無視し、♀ローグは彼を無理矢理立ち上がらせる。

犬の散歩みたいだねぇ。そんなことを言って笑いながら、自分の前を歩かせて。

まさか、秋菜は最初からこのつもりで自分をここに送ったのだろうか。

最初から、参加者に殺させるつもりで。

「ビクつかなくても大丈夫だよ。まだまだ、すぐには殺さないから」

微笑む♀ローグに、GM秋菜の残酷な笑みを重ね、♂GMは背筋をぞくりとさせた。



「さて、到着っと」

不意にそんな声が聞こえて、♂GMはハッと我に返った。

到着――では、いよいよ始まるのだ。

「その白い服見てるとね、どうにも気分が悪くてさ」

無防備に伸びをしながら、♀ローグは言う。

参加者は皆、強制的にGM秋菜につれて来られた。

秋菜と同じ立場である♂GMに嫌悪感を抱くのは、ごく当たり前のことだ。

「そうだ。殺す前に一応聞いておくよ」

♂GMにゆっくりと近づき、♀ローグは囁いた。

「…あんた、私をここから元の場所へ戻せる?」

唇が触れそうなほど顔を近づけられ、♂GMはやや戸惑う。

「無理だ…ここは秋菜しか好きに扱えな――」

「そ。じゃぁ用はないね」

♂GMが全て言い終わらぬうちに、♀ローグはいとも簡単に決断を下した。



「その首輪。私にもついてるけど――これを外そうとしたらどうなるのか、見せてもらうよ」



言って、彼女は♂GMの体のロープを解いてゆく。

首輪に巻きついたものと、腕を固定したもの以外は、全て。

♂GMは崖の際まで連れてこられ、彼に巻きついたロープの反対側は、近くの木に括り付けられる。

これから何が起こるのか、見えた気がした。

「…クソっ…!」

最後の抵抗とばかりに、♂GMは固定された両腕で、♀ローグに殴りかかった。

さすがに油断していたのか、腕は完全にかわされることなく、彼女の肩元をかする。

「っく…往生際が悪いね!」

♀ローグは、ほぼ身動きの取れない♂GMの鳩尾を、拳で強く殴りつけた。

そしてそのまま、有無を言わさずに崖下へと蹴り落とす。



一瞬、目の前が真っ白になるぐらいの閃光が走った。



続いて、焼け付くような匂いと、耳を裂く轟音。



あたりが静まり返るまで、♀ローグは両腕で頭を庇う姿勢で固まっていた。

音が消えたのを確認し、ゆっくりと目を開く。



あたりには砂煙が舞い、地面は焼け焦げ、それは酷い有様だった。

あと少し、自分と♂GMの距離が近ければ、巻き添えを食らっていただろう。

「はは…っ。やばいね、これは…」

半分呆けたように、♀ローグは呟いた。

はっと気が付いて手元のロープを手繰り寄せると、先は焼け焦げ、今でも燻っている。

崖下を覗くと、そこには♂GMのものだと思われる屍が、

いくらかの肉片になり、シュウシュウと音を立てて横たわっていた。

「血は残らないってわけね」

少し残念そうに、♀ローグは言う。

そして素早く残りのロープを巻き取ると、鞄に詰める。

あれだけの光と爆音だ。人が集まってくるかもしれない。

♀ローグは、小走りでその場を後にした。





<♂GM死亡>

<♀ローグ ダマスカス1個、小箱→ロープ、プレート1個、ロザリオ1個、赤P食料>

<残り38名>


戻る 目次 進む
065 目次 067
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|