バトルROワイアル@Wiki 083


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

083.二つの夜



 星の全く無い空。簡単な偽装を被って、地面に彼女は寝そべっていた。

 脇には、寝るのに邪魔になるから外したウサ耳を詰めた鞄が転がっている。

 ぴょこん、と白い綿毛を覗かせているそれは、この場所に酷く不似合いに
思えた。




「誰にも出会わなかったか…」

 それは幸運か、それとも単にやる気になっている人間が少ないためか。

 まぁ、どちらにしても大差は無いのだが。本番は、これからだろう。




 前者だとすれば、自分の幸運に感謝すれば良いだけだし、

後者にしても、人が死ぬペースが落ちれば必然的に、あのいけ好かない女が
何かを仕向けるだろう。

 焦る必用は無い。ゆっくりと殺ればいい。




 のそり、と体を起こす。いくら偽装を施してあるとはいえ、見破る人間が
居ない訳ではない。

 頼りすぎるのは禁物であった。周囲を警戒したまま眠らねばなるまい。

 ♀アサシンは、偽装を被ったまま、手近な木にもたれ掛かる。




 重要なのは、むしろ明日からだ。

 今は、体を休めておこう。




 …




 星の全く無い空。前記の暗殺者とは別の場所。

 そこには二人、少年と女。

 ぐーすかと、いびきを立てて眠っているノービスを♀剣士はパイクに身を
預けながら、眺めている。




「今は、まだ眠っておけ、少年」

 ぼそり、と呟く。

「食料が有って、十分に健康な時はいい。だが、問題はそれらが枯渇しだし
た時だ。
その時にこそ『本当の意味で』この茶番が始まる。前回もそうだった」

 その横顔の奥に、潜む陰をうかがい知る事は出来ない。

 只、女は一人独白に耽る。




「願わくば…間に合いたいものだな」

 そんな言葉は露知らず、ごろり、とノービスは一度寝返りを打った。




 まるで違う二つの夜。それらは徐々に更けていく。

戻る 目次 進む
082 目次 084
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|