バトルROワイアル@Wiki 159


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

159.集う者達~詩人の場合


 痩せた詩人は、その放送を聴くなり、立ち止まった。
 それが告げている内容は、男の目的の喪失でもあった。

 即ち、アルデバラン前が禁止区域になり、アラームの名が未だ呼ばれていない、と言う事実である。

「……参った」
 呟き、詩人は天を仰ぐ。
 目指していた場所からは、既にアラームは移動してしまっているだろう。
 と、なれば彼がこのまま移動しても無意味だ。

 さて、どうしたものか。
 幾つかの可能性を思い浮かべながら、思案する。
 出来る限り冷静に。

 一、アラームは本当にアルデバランに向ったのだろうか?

 回答、情報の不足により現時点では不明。但し、最も確立が高いことは確かだ。

 二、アルデバランから離れたとして、何処に向うか?

 回答、恐らく、アルデバランからは離れるだろう。向うとすれば、禁止区域の少ない方。
    明確な根拠は無いが、そう考えるのが最も無理が無い気がする。

 三、ならば自分は何処に向うのが最適か?

「プロンテラ北、か」
 ぼそり、と呟いてみる。
 他に候補が無いわけでは無い。
 もし、アルデバランから離れたとすれば取るべき道は二つ。
 迷宮の森を抜けるか、彼が歩いている道を抜けるかのどちらかだ。

 しかしながら、一つの論拠が彼の脳裏にはあった。
 もしも、自分がアラームを連れていたとして。この峠道の様な場所を通るだろうか、という疑問への答えがそれだ。

「多分…通らない、な」
 今の様に自分ひとりで歩いているなら兎も角としてだ。
 連れがいると仮定すれば、多少なりとも慎重な行動を取るだろう。
 事実、こんな発見されやすい場所では、足手まといは格好の獲物でしかない。

 勿論、その結論は仮定から汲み上げた推測の域を出ない。
 結局のところ、今此処でアラームを待っていても、出会える確立は余り変わるまい。
 ただ、一点違いがあるとすれば。

「けど、賭ける価値はあるよな、きっと」

 自分で下した結論の方が、賭けを外した時の後悔は少ないだろう、と言うことだ。


<バドスケ 進路をプロ北に変更>

戻る 目次 進む
158 目次 160
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|