バトルROワイアル@Wiki 163

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

163.進入


(…やれやれ我もローグ殿を運が無いと笑えぬな)
迷いの森を抜け無人の台地を駆け抜けた、だがその足はアルデバランで一時止める羽目になった
その原因は街を歩き回るソルジャーガーディアンの存在である
(禁止区域には己の傀儡を放つ、か……GM秋菜とやらおそろしく念の入った真似をするな……)
子バフォも♂ローグも少なからず『禁止区域だからこそGM秋菜の盲点である』と思っていた
いやそれ自体は間違いではない、禁止区域に侵入できる子バフォの存在はまぎれもなくGM秋菜の盲点である
だが一度感知されれば盲点でもなんでも無くなるであろう、ソルジャーガーディアンに見つかったとして子バフォの存在がGM秋菜の知ることになるか否かは定かではない
けれども、その可能性がある以上は容易に動くことは出来なかった
(しかし……ここに来てまでダンボール箱の世話になるとは…)
奇しくも身を隠した物が平時の住処と同じダンボール箱だということに子バフォは苦笑いするしかなかった


<子バフォ 現在地:アルデバラン(MAPの南側あたり)
      所持品:クレセントサイダー(jrサイズ)小青箱 
      備 考:ダンボール箱で隠密中 可視範囲にソルジャーガーディアン一体>

戻る 目次 進む
| 162 | 目次 | 164
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|