バトルROワイアル@Wiki 166


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

166.不意打ち



♀セージ、♀ウィズ、♂アーチャー、♀クルセの四人は街道沿いに歩を進めていた。

歩きながら、♀セージが♀ウィズに呟く。

「……気付いてるか?」

「ん? 何?」

♀セージは大地を見下ろす。

「この世界……生物の数が極端に少ない。いや、むしろ居ないと言ってもいいぐらいだ」

♀ウィズは♀セージの振ってきた話題に興味を示したようで、話の先を促す。

「バランスが悪いのだ。自然を形成するモノが……あるべき物が無さすぎる。

これでは自然は成り立ちえない、なのにこうして草木は生い茂っている」

瞬時に思考を巡らす♀ウィズ。

「ここの世界はここの世界なりの法則があるんじゃない?」

即座に否定する♀セージ。

「ならばここの世界なりの動植物が居てしかるべきだ。

建物、自然、元居た世界と寸分違わぬが、それを構成するのに必要なはずの物が無い。

ならばこれらは存在しえぬはずだ」

ちなみにこの二人の会話中、♀クルセと♂アーチャーはほへーといった顔で聞いているだけだ。

♀ウィズは頷く。

「水、大地、そして日の光はあるわ。

でも……昆虫、動物が居ない。

これじゃ遠からずこの世界は植物で埋め尽くされるわね」

「そうだ。まるで、瞬時に今まで居た動物達が消え失せてしまったかのように……

いや、そもそもこの世界に動物なぞ居たのか?」

既に♀ウィズは♀セージの言いたい事に気付いている。

そして更に一歩思考を進めてみる。

その内容は敢えて地面に書き記した。

『私達がここに連れてこられた理由、それを考えれば……

この世界を作ったのが私達を連れてきた誰かだとしたら、ここを長期に渡って維持する必要は無い』

♀セージは肯く。♀ウィズは続けた。

『世界の構築。これにどれだけの労力が費やされるかわからないけど、それを完全に行う必要が無い場合、それをしない。

つまり、世界構築に費やす事が出来る労力には限りがある?』

♀セージは肩をすくめる。

『相変わらず話が早いな。

つまり神に等しいと思われる連中の力にも限界があるって事だ……あくまで推理の域を出ないがな』

そこで♂アーチャーがおずおずと話に加わる。

「え~っと、つまり、その、それって良い事? 悪い事?」

♀セージと♀ウィズは揃って顔を見合わせて笑う。

「どっちだろうな? ……私にもわからん」

そう言う♀セージ、だが♀ウィズは♀セージの言葉を否定する。

「良い事よ、もちろんね」

言葉に続けて地面に文字を記す。

『不完全な世界、それ故に隙はあるって事よ。大丈夫、私達は戦えるわ』

♀ウィズの言葉に♂アーチャー、♀クルセは安堵する。

だが、言葉には出さなかったが、♀セージには別の懸案があった。

『仮に、何らかの手段でこの不安定な世界を崩す事が出来たとして、それが必ずしも私達が元の世界に戻る事とイコールにはならない』

それは♀ウィズにもわかっているであろう。

だが、それでも♀ウィズは勝利への可能性に賭け、まっすぐにその可能性を追求し続ける。

『……そこが、私がこいつに敵わない所だな』

一人苦笑すると、♀セージは三人に向かって言う。

「悪いが少し先に行ってもらえないか?

一つ確認しておきたい事がある」

いきなりの単独行動の申し出に一同戸惑うが、♀セージは淡々と言う。

「私は足が速いんだ。

簡単な調べ物だから、先に行ってもらってもゲフェンまでには追いつく」

若干リスキーなのは自身でも承知しているが、無駄話に費やしてしまった事もあるし、今は少しでも時間が惜しい。

♀ウィズは渋い顔をしていたが、三人は♀セージの言葉に従い先に進む事にした。

♀セージは街道沿いの見晴らしの良い丘を登る。

微かに見えたそれはやはり見間違いではなかった。

眼前には一人の少女が倒れ伏していた。

「アリス……モンスターか。だが、人型であるのなら……」

アリスの衣服を剥ぎ、自らの衣服を止めている金具を外す。

そして、おもむろにアリスの皮膚を金具で傷つけ始めた。

「あるのならば、それに越した事は無い……

他の皆は反対するだろうから敢えて言わなかったのだが、いきなり見つかるとは重畳だ」

首輪外しの成功率を上げる為の触媒、心臓を遺体から抜き出す♀セージ。

手際良くそれを体内から抜き出すと、プラントボトルの一つを空け、そこに心臓を入れる。

これなら、早々は皆にもバレたりはしないだろう。

「まったく、こういう事ばかり巧くなっていく気がするな……」

♀アサシンは♂プリーストより先行して街道を進んでいた。

♂プリーストが色々言ってきたが、開けた場所に出る時はまず♀アサシンが先に行き、その後を♂プリーストが進むという形で定着していた。

そして、♀アサシンの異常に発達した視力が、丘の上の♀セージを発見したのだ。

「……人が倒れてて、その側にもう一人……」

そこまで確認すると、後からついてくる♂プリーストに一言も無しにその場から駆け出す。

接敵前まで来るとクローキングでの移動に切り替えて、現場の様子を探る。

折しも♀セージがアリスから心臓を抜き取っているその時であった。

『おーけい識別完了、敵ね。セージ……か』

♀セージは、ボトルに心臓を詰めた後、それをバッグに収め、そして♀アサシンが大地を蹴る微かな音に気付いた。

間髪入れずにFWを唱える♀セージ。

♀アサシンも感づかれた事に気付くと、作戦を変更する。

手に持っていた木の枝をFWの前に放り投げる。

それは、うまい事地面に垂直に立つ。

もちろんそれも一瞬ですぐに倒れてしまいそうだが、♀アサシンはその一瞬の内に枝の上端に飛び乗り、更にその枝を蹴って大きく飛び上がった。

『何っ!?』

♀セージが驚くのも無理は無い、FWはまともにやって人が飛び越せるような高さでは無いのだ。

しかし、♀アサシンは見事FWを飛び越え、♀セージへと迫る。

『セージならFWの後はボルトかHD! 撃つのがHDなら地面に居なければ当らないっ! 痛いボルトなら詠唱間に合わないっ!』

そうして空中から着地ざまに♀セージに斬りかかる。

かわそうと動いた♀セージの左腕に吸い込まれるようにTCJが突き刺さる。

♀セージは痛みに顔をしかめながらも、術の詠唱に入る。

『私が目の前に居るってのにそんな真似させるもんですか!』

詠唱中は♀セージは無防備……と思っていた♀セージからいきなり顔面めがけて拳が飛んで来た。

『んなっ!?』

予想外の出来事、からくもかわした♀アサシンに向かって♀セージは更に裏拳を打ち込む。

後ろに下がると思っていた♀セージが前に出た事で、♀アサシンは虚をつかれ、♀セージの裏拳をまともに喰らう。

『っ! ……って軽い? ええい、コケおどしなんかにっ!』

だが、直後に♀アサシンめがけて炎の矢が降り注ぐ。

『なんとー!?』

肩を焦がされた♀アサシン、ここぞとばかりに連打で♀アサシンを追いつめる♀セージ。

防戦一方の♀アサシン、時々拳に合わせて炎の矢が降り注ぐのが不可解で、いいように攻撃を受け続ける。

『何!? なんなのこれ! こんなの私知らないっ!』

拳自体は軽い、それこそ無視してもいいぐらいだが、時々降り注ぐ炎の矢が、かわしようが無い。

しかも当の♀セージは詠唱を続けている真っ最中、詠唱は終わっていないというのに炎が降り注いで来る。

♀セージはこのチャンスを逃す気は無かった。

『アサシンか……まったく、このゲームには最適の人間だな』

下段のローキックを放つと♀アサシンはそれを飛び越え、中空からTCJを振り下ろそうとする。

『終わりだ』

♀セージの詠唱が終わる。そして今までとは比べ物にならない程の数の炎の矢が♀アサシン目がけて降り注いだ。

「くうっ!」

初めて♀アサシンが悲鳴を上げる。だが、即座にクローキングで姿を消すと、その場から撤退した。

♀セージは絶好の機会を逃し舌打ちを禁じ得なかったが、しかしまた別の可能性も考えていた。

「……誤解か? 私がアリスを殺したと……ふむ。あくまでその可能性があるという程度だな」

アサシンという職柄、いきなりの不意打ちである事、それらを考えるとどうしてもそう考えざるを得ない♀セージであった。

♀アサシンは全身焼けこげた状態で♂プリーストの元に戻ると、その場にひっくり返った。

「ごめん……負けちゃったよ」

慌ててヒールをかける♂プリースト。術の効果は薄いが、それでも傷は塞がるし、少しは体力も回復する。

「何があったんだ! 誰かに襲われたのか!?」

「ううん、敵っぽかったから仕掛けたら返り討ちにあっちゃった」

即答する♀アサシンに♂プリーストが唖然とする。

「……っぽいって、お前そいつと話しなかったのか?」

「うん、だってそいつ死体から心臓抜き取ってたし。なんかヤバ気な奴だったから」

♀アサシンの言葉に、♂プリーストは渋そうな顔をする。

「お前さあ、そういう時は俺も呼べよ。一緒にやってくんじゃなかったのか?」

♂プリーストの言葉に♀アサシンはきょとんとした顔になる。

「え? ……ああ、そっか。

そうだよ……うん、一緒に戦うんだった……ごめん」

怪訝そうな顔になる♂プリーストに♀アサシンは言い訳がましく言う。

「だって、私あんまり人と組んだ事無かったから……」

そう言って赤面する♀アサシン。

♂プリーストは溜息をついて話題を変えた。

「頼むから次は気を付けてくれよ……しかし、お前をそこまでにするってな相当な使い手だな。ウィズか?」

♂プリーストの言葉に、♀アサシンは首を横に振る。

「ううん、セージ。それもすんごい変な奴。

殴りかかってきたと思ったら、いきなり何処かしらからか魔法が飛んで来るの。

しかも詠唱しながら殴ったりもーわけわかんない」

♂プリーストはそういったセージに心当たりがあった。

「FCAS(フリーキャストオートスペル)セージだなそりゃ。

今お前が言ったそれが特徴だ……良くもまあそんな珍しいのに当ったもんだな。

俺も一度しかお目にかかった事ないぞ」

♀アサシンは勢いこんで♂プリーストに聞く。

「対策は?」

♂プリーストは少し考えてからこう返事した。

「相手の大物魔法が撃ち終わる前に速攻で倒すか……もしくは二人で戦うかだ」

♀アサシンは♀セージの案外俊敏な動きを思い出して、自らのTCJを見る。

「これあるからなんとか……でも、二人で倒そう。うん、そうしよう」

♂プリーストは満足げに頷く。

「そうだ、それが正解だ」



<♀セージ、所持品/クリスタルブルー プラントボトル4個、心臓入手(首輪外し率アップアイテム)現在地/クリーミーの野道mjolnir_01 半ば付近備考/TCJの一撃を受け軽傷を負う>

<♀ウィズ、所持品/たれ猫、フォーチュンソード現在地/クワガタ湖mjolnir_07>

<♂アーチャー所持品/アーバレスト、銀の矢47本、白ハーブ1個現在地/クワガタ湖mjolnir_07>

<♀クルセ、所持品/青ジェム3個、海東剣現在地、クワガタ湖mjolnir_07>

<♂プリースト、所持品/チェイン、へこんだ鍋現在地/クワガタ湖mjolnir_07>

<♀アサシン所持品/ウサミミヘアバンド、TCジュル現在地/クワガタ湖mjolnir_07 半ば付近備考/中度の怪我を負う>


戻る 目次 進む
| 165 | 目次 | 167
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|