バトルROワイアル@Wiki 2-060


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

060 悲しい話その2


私は、♂プリと♂シーフに自分がしようとしていることを説明しようとして、ふと思った。

悪夢の中では……。
首輪をしているということは、相手=GMに話が聞こえるということである。
そういえば、夢の中では突然襲われたといっても過言ではない。
話が聞こえるはずなのに。
あの悪夢の参加者はどうしていたのだろうか……?

そう思うと、説明することができなくなってしまった。
自分の悪夢の話しをすれば、良い意味でも悪い意味でも私に対する態度は、更に変わるだろう。
今は説明する時期ではない。
今後、きっとそれができる時期が来る。

「とりあえず……移動しませんか?」

私が言えたのは、その一言だけだった。

「おう、どっちに進む?」
「このまま海岸線を南に向かうか、林の中を更に進むかですが……どちらがいいでしょう?」

地図を広げてコンパスを隣におく。

「南に向かうと集落跡があるみたいですが…」
「僕としては集落跡はやめといたほうがいいと思います」
「ん? なんでまた?」

♂プリが不思議そうに♂シーフをみた。

「集落跡ってことは、隠れる場所が多いですよね? ってことは奇襲されないとは限らないし。
できればそれなりに見通しがいいところがいいです」
「お前……意外と頭良いんだな」
「まあ、盗作ローグ志望だったんで。それなりに勉強してます。誰かさんと違って」
「ほーーーう? 俺の頭が悪いとでも言いたそうな言い方だな、おい」

♂シーフのあたまにうめぼしをかましながら、♂プリは言う。

「いたたたた、誰もそうだとはいってないじゃないですか、痛いってば、離してくださいよー」
「クスクス……じゃあ、西に向かいましょう?」

荷物をまとめて、ついでに♀WIZは未開封だった青箱を開けた。

「マフラー…?」

ひっくり返してみると、スロットにトカゲのカードがさしてある。

「フリルドラカード挿しってことは……クローキングマフラー?」

壁際でのみだが、クローキングできる代物だ。

「へー。結構いいもの出たんだな」
「とりあえず、使うことががないといいんですけどね」

マントをはずして華奢な肩を露出させると、♀WIZはマフラーを身につけた。
無論、♂プリと♂シーフはその肩と仕草に視線が釘付けである。

そう、男は悲しい生き物なのだ。


<♂プリースト>
現在位置-(F2) →南西(E3)に向かう
所持品-修道女のヴェール(マヤパープルc挿し)、でっかいゼロピ、多めの食料、赤ポーション5個
外見特徴-逆毛(修道女のヴェール装備のため見えない)、怖い顔
備考-殴りプリ 、♀WIZ・♂シーフと同行

<♂シーフ>
現在位置-(F2) →南西(E3)に向かう
所持品-青箱(未開封)、多めの食料
外見特徴-栗毛
備考-ハイディング所持 、♂プリ・♀WIZと同行、盗作ローグ志望でちょっと頭が良い

<♀WIZ>
現在位置-(F2) →南西(E3)に向かう
所持品-ロザリオ(カードは刺さっていない)、クローキングマフラー
外見特徴-WIZデフォの銀色
備考-LV99のAGIWIZ、GMに復讐、♂プリ、♂シーフと同行


戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|