バトルROワイアル@Wiki 2-065


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

065 Ice Coffin


「う・・・く・・・・・・っ・・・」

  男は、悪夢を見ていた。

  ―――冷たい、冷たい棺の中。
  辺りを見渡そうにも、首が凍りついたかのように動かず。ただ、眼前にのっぺりと広がる天井――らしきもの――のみが、現実を示すように色彩を放って存在している。
  それは、真紅。紅を引いた女性の唇にも似た、あでやかで美しい赤。
  しかし、それはどこか布のようにも見える。闇に覆われて、よく見えないが。
  てらてらと照り返す光沢。白。これは、布?いや、しかし布にしては奇妙だ。それでは、コレは何なのだ。

  ・・・今、自分はどこにいるのか。

  それが、男にはどうしてもわからなかった。
  ただ、仰向けになって、どこか狭い空間に閉じ込められている、ということだけが頭の隅で理解できている。
  しかし、ここはどこで?どうやって?どういう理由で?自分はこの不気味な空間に存在しているのか、ということ。
  求道者である男にとって、『知らない』ということは最も畏怖すべきことであり、また、『知らない』男は、まるで無垢な赤子と同義の恐怖をその身に宿していた。

  やがて、金縛りに合ったかのように動けなかった男の体にも、変化がおき始める。
  足元が(もしくは足が存在すると思われる箇所が)急激に熱を帯び始めたのだ。
  男は混乱した。なんだこれは?苦痛や疲弊ではない。純粋な、熱。その感覚を体感したことのない男は、それだけで戦いていた。
  熱は、巨獣が獲物をじっとりと舐めるように、徐々に男の体を上り始める。
  足・・・膝・・・太もも・・・腰・・・そして、腹・・・
  そして、その熱が下腹まで来たとき、困惑していた男は、視界の変化に気づいた。

  ―――目の前の『赤』が、徐々に歪み始めている。

  どういうことだ・・・最早、それは狂乱だった。
  男はとにかくこの場所から逃げようと、必死に体を起こそうとする。
  しかし、男は理解していない。逃げ場など、どこにもないのだ。

  そして、熱が胸元まで来たとき。

  やっと―――男は、理解してしまった。

  つまり、目の前の真紅は、本当に布であって。
  先ほどから体を上り詰めてきているのは、本当に熱であって。
  この、狭く暗い、奇妙な空間は、、、、、、

  ニゲラレナイ、

  男は諦めていた。
  そうだ、ここは私の―――


  ―――どこからか、趣味の悪い音楽が聞こえる。
  パイプオルガンの音色で飾られたそれは、何時か、どこかで聞いたもの。

  ああ、そうだ。
  かつて、私の愛した女。
  生涯で、唯一愛した女。
  あの女が死んだ時。
  その棺に、私が自ら火を点したとき。
  教会の神父が、自ら弾き上げた。
  これは、あの時の鎮魂歌(レクイエム)・・・。



  轟、と熱がすべてを蹂躙し。

  そして、私の意識も炎の燃えかすとなって、炭化した。


  +++++++



  男が目を覚ましたとき、辺りはすでに薄暮に包まれていた。
  はっと自らの体を有無を確認し、男は現実の優しさに息を吐く。

  ―――大丈夫だ、私はまだ、殺されていない。
  先ほどのはただの夢であって、今私は現に生きている。そうだ。アレは夢なんだ・・・。

  だが、男にとって、最も忌避すべき悪夢であった、先ほどの体感。
  男の体は、恐怖のためか細かく震え、時々呼吸にえづきが混じった。


  ―――かつて男には、人生を通して唯一愛した女性がいた。


  彼女は、常に無口で無表情な男を笑わせようと、いつも道化のような笑みを浮かべ、くだらないジョークや子供だましの実験をしては私に得意顔で『どうだ!』と笑いかけていて。
  それに対し、私は冷たいまなざししか返せなかったけれども。
  だけど、それは幸せと呼べる、かもしれない時間だった。お粗末だが、私にはそのような表現しか出来ない。
  常日頃研究室に篭って魔道の研究に没頭していた私にとって、俗世の人間の抱く感情など、それまで単なる実験対象にしか過ぎなかったからだ。
  だから、彼女の――魔術教会から派遣された、私の実験助手であった――浮かべる笑みは、私を惑わしてしまうにはあまりにも凶悪で。そして絶対的。

  されど・・・現実はあまりにも冷酷で。

  彼女は、私の目の前で、熱病のために儚く息を引き取った。

  冷たくなった彼女を抱いて。
  私は、それまで感情というものを切り離した生活をすごしていた私は、当然のように泣くことすらできず。
  ただ、人形のように呆けて、その現実を直視することしか出来なかった。

  そして、彼女への、狂おしいまでの愛も、そのときになってやっとその身に、純粋に感じることが出来た。

  私は、彼女の遺体を自らの手で焼却することを、神父に懇願した。
  神父は快くうなずいた。
  しかし、彼はわかっていないのだ。

  濃紺に塗られた棺、それを舐めゆく業火を見下ろして、私は冷たい思考に波紋を浮かべる。

  右手に残った、小さな小さな、彼女の破片。

  一本の歯・・・これから、一人の人間を再生できないか。

  アルケミストの研究しているホムンクルス(人造生物)ではなく。
  どちらかといえば、ゴーレム(土くれ人形)やムナックのそれに近い、有機的で意識を持つ、擬似生命。ウィザードである私でも作成可能な。
  しかし、それは彼女の意思を持つ・・・。


  「く、くくく・・・ふは・・・ははは・・・」

  額を指で押さえ、私は笑みを浮かべた。
  脂汗にまみれた顔。モノクル(片眼鏡)。そうだ。私は、『研究』しなければならないのだ。


  そう・・・すべては、愛する彼女のため・・・。


[容姿]暗闇のような黒髪、土気色をした肌(2-008)
    片目眼鏡(2-008)
[口調] 丁寧
[性格] 残酷、サディスト
[備考]倫理感が希薄
=所持品=
コンバットナイフ、片目眼鏡
=状 態=
現在位置 C-5付近を南下中
目的 「研究」のために他者を殺害



戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|