バトルROワイアル@Wiki 2-090


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

090 おやすみなさい【定時放送直前】


―進路変更しましょう。
そう言ったのは♀スパノビだった。
どこかを目指していたはずなのに、突然の進路変更。
♀ハンターは最初にその言葉を聞いたとき、首を傾げた。

『どうして道…を?』
『んー、そっちに行くのは別に良いんですけど…誰か居たみたいな感じだったので…
 ♀ハンターさんの意見で決めますよ~』
♀スパノビが言うと、♀ハンターは首を横に振った。
あまり人と関わりたくない。
この子以外と関わるのが怖い―

『い、いや!行きたくない!』
『じゃあ、こっちに道を変えましょうかー』
指差したのは先ほど誰かの気配がしていた方向。
こっちの気配は消えましたから、と♀スパノビが言った言葉に♀ハンターは頷いた。
進路変更し、二人は休憩を取ることにしたのだ。

『じゃあ、この辺りで休憩しましょうか。私はちょっと周りの様子見てきますね~』
『あ…う、うん』
『近くに人の気配は無いですが…万が一何かあれば呼んで下さいね』
頷く♀ハンター。
にこりと笑うと♀スパノビは木の陰へと消えていった。
石の上に座って辺りを見回した♀ハンター。
周りの景色を見ている内に、いつのまにかうとうととし始め…
疲れていた彼女は鞄を枕にいつの間にか眠ってしまっていた。


「…これはさすがに♀ハンターさんには見せられませんね」
―あまりにも酷すぎる。
周りの様子を確認していた♀スパノビは、既に死んでいる♀アサシンを発見した。
この損傷具合は…恐らく魔法でやられたんだろう。
状況から推測するに加害者は魔法を使えるもの。
ウィザード、セージ、マジシャン。大体その辺りだろう。
魔法を使えるものでも、ゲームに乗っているものはいるんだろう。
近くに散らばっているのは恐らく彼女の遺品だ。
その中で♀スパノビの目に留まったのはオリデオコンの矢筒だった。

「これは頂いておきますか」
―いつか役に立つかもしれませんし。
持っていた鞄の中に矢筒を詰め込むと、♀スパノビは辺りを見回した。
木の陰にひっそりと生えていた花を見つけると、その根元をざくりと切る。
彼女はその花を、♀アサシンの元へ備えた。


おやすみなさい。
♀スパノビはそっと呟いた。



「起きてください~」
ちょんちょんと♀スパノビが、まだ完全に目が覚めていない♀ハンターの顔をつっつく。
寝ぼけ声を上げる♀ハンターを見て、♀スパノビは苦笑して―
♀ハンターのほっぺたを触った。
ぷに。

「わわわっ!?」
思わず声を上げる♀ハンター。
あわてて右手に傍に置いていたスパナを掴み、周りをキョロキョロと見回す。
くすくす、と笑っている♀スパノビの顔がそこにはあった。

「お昼寝休憩は終わりですよ、♀ハンターさん」
その声を聞いたとたん、恥ずかしさと安心さが同時に込み上げてきた。
♀ハンターは顔を真っ赤にさせた。

それから数分後―彼女たちは一回目の定時放送を耳にする。


<♀ハンター 現在位置・・・進路変更→D-6>
<所持品・・・スパナ 古い紫色の箱>
<備考・・・対人恐怖症 鳥と会話が出来る ステ=純鷹師 弓の扱いは???>
<状態・・・♀スパノビと同行。但し、完全に信頼はできていない。♀スパノビ以外の人間は完全に拒否>


<♀スパノビ 現在位置・・・進路変更→D-6>
<所持品・・・S2ダマスカス シルクリボン(無理矢理装着) 古いカード帖(本人気付いていない) オリデオコンの矢筒>
<備考・・・外見とは裏腹に場数を踏んでいる(短剣型) 集中力向上習得済>
<状態・・・♀ハンターと同行>


戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|