バトルROワイアル@Wiki 2-114


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

114.Devotion


私は、弱かったんだろうか。
薄れてゆく意識の中で、♀クルセは思っていた。
喉からひゅうひゅうと空気が漏れ、熱いものが流れ出していく。
私はここで死ぬんだ。
あなたを守ると言ったのに。
暖かな血と共に、命が流れ出していく。氷のように冷たい死が、全身を犯していく。
あの夜の底よりもなお暗い闇が、自分を飲み込もうとしている。
怖い。
鼻歌を歌いながら、道化師がやって来る。
怖い怖い怖い
9人分の死体をぶら下げて、後ろに4人を引っ立てて、鎌を担いでやって来る。
怖い怖い怖い怖い怖い
そしてゆっくりと告げる。さあ♀クルセさん、お迎えに上がりましたよ。
怖い助けてこんなの嫌お父様お母様どうして死にたくない誰か――!!

ぽつ、と胸に熱が広がる。ぽつ、ぽつ。
闇に包まれていた私の意識が一気に開けた。
♂アルケミさんが泣いている。私を抱きしめて、泣いている。
夜とは逆みたいだと、私は思った。
ああ、駄目。そんなにしたら、血で汚れてしまいます。
「……俺を守るって……そう言ったじゃないか!!」
(ごめんなさい、私は、あなたを守れなかった――)
断ち切られた私の首はごぼごぼと血の泡を溢れさせるばかりで、
それをなかなか言葉にはしてくれない。
私の胸元に涙を滲ませながら、♂アルケミさんが言う。
「なのに、俺は……俺はっ! 君を守ってやれなかった……!」
そうか。
なんて私は馬鹿だったんだろう。
私は誰かを守ることで頭がいっぱいで。他の人だって守るものがあると頭ではわかっていて。
私だって誰かに守られていたのに。私だって簡単に死んではいけなかったのに。
それに気づいていなかった私が、あの人に敵うはずがなかったのだ。
あの人は、例えばあの魔術師のように、狂ってはいなかった。
あの人の目は、何かのために戦っている人の目だ。覚悟をした人の目だ。
何て強くて、そして何て悲しい目。

冷たくなってきた体は、全然言うことを聞いてくれない。
必死で手を動かそうとしても、全然動いてくれない。
当たり前だ。私はもう首を切られているのだから。
それでも、一人は寂しくて。もう一度♂アルケミさんの温もりを感じたくて。
お願い、ほんの少しでいいから。
と……必死で手を伸ばそうとする私の手が、暖かい感触に包まれる。
♂アルケミさんの掌。彼が私の手をしっかりと握ってくれていた。
この人の体温が伝わってくる。とても、暖かい。

もう祈りの言葉は要らない。
私の魂はすべてこの人のものだから。この人の苦痛も、罪も、すべて分かち合おう。
私はあなたと一緒にいます。
だから、お願いです。生きることを諦めないで。憎しみに囚われないで。
そしてあの人を、グラリスさんを、止めてあげて。
この悲しいゲームを終わらせて。
もう、目が良く見えない。
最期に♂アルケミさんの顔が見られないのは、残念だなと思う。
でも、そう。
笑った顔が可愛いよ、とあなたは言ってくれたから。
私は精一杯、笑顔を浮かべた。
私は、ここにいます。


どうか、かみさま。このひとに、ごかごを――

<♀クルセ 死亡>

<残り36人>

戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|