バトルROワイアル@Wiki 028


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

028.卵と


 ♂ローグだ。森の中に居る。
 腰には、一振りの剣。肩には、あの女が寄越したバックが吊ってある。

 鬱蒼とした森の中で、気配を殺して潜みつつも、俺はさっきの自分の行動に首を捻っていた。
 なんたって、殺さなかった?プロ南を跳ね回ってるポリンを潰すより、簡単だった筈だろうに。
 ほんの少しでも、ツルギを握った手を前に押し出せば、それで終わりだった筈だ。
 俺の手は、あの馬鹿の血で、真っ赤に染まっていただろう。

「まさか、馬鹿が空気感染したのか?」
 ぼそっ、と呟く。
 まぁ、さすがに馬鹿が病原性などと言うことは聞いたことがない。

 と、一箇所に腰を落ち着けると急に腹が減ってきた。
 本当の事をいうと…鳴子の様な罠を急いで仕掛けた方がいいんだろうが、面倒くさい。
 鞄に手を突っ込み、ごそごそとやる。

「おいおい…こりゃ、本当に感染しちまったかもしれねぇなぁ」
 だとしたら、由々しき事態だ。
 その事実を肯定するかな様に、袋から出て着た手には、青箱。
 すっかり、開けるのを忘れてしまっていたそれが、食料のかわりに引き出された。

 手前の馬鹿さを笑いながら、それを開ける。

「…をい」
 そして思わず、俺は中身に対して突っ込みを入れていた。
 ちょんちょん、と指先で箱の中にいたそいつを突っつく。

「…む、むぅ」

 箱の中に窮屈な格好で押し込まれていたそいつが呻いた。
 寸詰まりの手足、ねじくれた角、それから親父ゆずりの鋭い鎌。
 普通、バフォメットJrと呼ばれるMobが、青箱の中にはいた。

 …というか、この箱。確実に空気穴も何も無いんだが。
 物理的に、絶対子バフォが中に入らないと思われるし。
 まぁ、そこは管理者脅威のメカニズム万歳、という奴だろう。
 支給品、というからにはペットの類なのだろうが…

「というか、俺には自分の食料はあってもペットの分なんぞ無い。
なるほど。今日は山羊鍋か。久しぶりの肉…」

 ぴゅん、とそんなことを言っている俺の目の前を横薙ぎに鎌が払った。
 …少し、危なかった。しかし、これだけの速度を出せるとなると、子山羊といえども筋張って硬いかもしれない。

「ぬ、主は…ワシを食らうつもりかっ…!!」

 肩で息をして、そいつは言う。
 見た目より、頑丈なようだった。ますます、筋張ってる説が有力視される。

「冗談だよ」

 言って、青箱ごと脇に放る。しかし、子バフォは、くるりと器用に空中で一回転し、着地してみせた。
 そして…きょろきょろと周囲を見回し始める。何故か横で、支給品はその行動を繰り返していた。
 一方の俺は、そいつにはすぐに興味を失って、懐を探り始める。記憶が確かなら、何本かタバコを突っ込んでいた筈だ。

「…すまぬが、ここが一体どこか教えてくれぬだろうか?」

 漸く一本タバコを探り当て、しかし、肝心の火が無いことに気づき、
支給品のツルギで火花でも出せないものかと、枝っきれを与えられたチョコかヨーヨーの如く四苦八苦していた俺に、
そいつが、そんなことを尋ねかけてきた。

「んー…?知らねぇよ」

 結局火が付かないまま、唾液で湿り始めたタバコをぷっ、と吐き出して言う。
 子バフォは、不愉快そうに、空中に舞うそれを鎌で真っ二つにした。

「知らぬ、と言うことは無いだろう。なら、どうやってお主はここに来た?」

「拉致られて」
 答えは、いたって簡潔だ。…そういえば、子バフォはユピテルが使えた筈だったっけ。
 一瞬、俺は真っ二つになった煙草に、物欲しそうな目線を送った。
 嗚呼…折角、火種のアテができたってのに。

「んー?どうした。白いぞお前?」

「…すまぬ。どういうことか、事の顛末を説明して欲しいのだが」

 少し、俺は考える。もう一本、煙草が懐から転がり出て着た。
 そいつを指に挟みながら、俺は言う。

「先ずは、木屑集めてくるから、そこにユピテル打ち込んでくれ。話は、それからだ」

 とりあえず、他の全ての問題を棚上げにして、俺はニコチン補給を決行するのだった。


<♂ローグ 子バフォ一匹獲得?>


戻る 目次 進む
027 目次 029
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|